幼児が楽しめる無料のプリント

“Education.com”と言うサイトにはぬりえが出来るアルファベットのプリントが無料でダウンロード出来ます。

例えば、「A」のプリントの周りにAから始まる単語(appleなど)のイラストが描いてあるので、色鉛筆などでぬりえをしながら単語も覚えられるため、飽きずに学ぶことが出来ます。

“Teach Children ESL”のサイトでは、答えとなるイラストの部分をハサミで切り取って、答えの英単語の横に貼ることが出来るようになっています。

ハサミやのりを使って手先を動かしながら勉強することで、小さい子供でも楽しめますよね。

“Kids-Pages for small ages”ではクイズ形式になったプリントを無料でダウンロードすることも出来ます。

こちらはさまざまなイラストの横にスペルの抜けている英単語が書いてあるので、そのクイズを解きながら勉強していくことが出来ます。

ただ暗記をすることを繰り返しているだけだと、小さい子供は飽きてしまうので、イラストの付いたクイズだと楽しんで覚えることが出来ます。

他にも“ちびむすドリル”では、筆記体の練習が出来るプリントも無料で印刷することが出来ます。

こういった幼児用の英語教材のプリントはカラフルなものが多いので、絵本を読んでいるように自然に楽しみながら英語が身に付くでしょう。

幼児が楽しめる無料の英語教材

幼児用の英語教材には、無料でダウンロードできる英会話向けのカードやイラスト、ワークシート、オンラインゲームなどがあります。

サイトごとの教材の特徴はこちらです。

“ステップバイステップ”というサイトでは、お子様の年齢に合わせた英語の歌を30曲以上ユーチューブで配信していて、シンプルで簡単な歌詞になっているので小さなお子様でも楽しく覚えることが出来ます。

ただ単語を覚えていくだけよりも、歌に合わせるとお子様も楽しめると思います。

他にも“えいごばたけ”というサイトでは英語のカードを無料でダウンロード出来るのですが、可愛らしいイラストの上に英語の文字も書いてあるので、英字に慣らすことも出来ます。

また、最近ではネットゲーム感覚で楽しめる英語教材が多くあるので気軽に勉強することも出来ます。

“えいごであそぼ”というサイトでは、クイズ形式で正しい単語を当てる「キーワードゲーム」や、リスニングで絵札を合わせる「えいごふだ」など小さいお子様でも楽しんで英語に触れることが出来るものばかりなので、飽きずに続けることが出来ます。

ケータイやタブレットがあれば外出先や移動時間にも出来るので、小さいお子様にとっては愚図り防止にもなり、一石二鳥ですよね。

幼児が無料で楽しめるアプリとは

幼児でも楽しめるおすすめの英語学習アプリをご紹介します。

1.“学研のえほんやさん”

英語の絵本など50作以上が入った絵本アプリです。日本昔話や有名なお話が多いので小さいお子様でも知っているお話を英語で楽しむことが出来ます。

英語での文章表記はもちろん、読み聞かせもしてくれるので、目と耳の両方で楽しむことが出来ます。

絵本だとストーリーと一緒に英文を覚えることが出来るので、頭に入りやすいですよね。

2.新しいスキルの習得

未就学児でも遊べる直感的なゲームをしながら英語を学ぶことが出来ます。

ゲームをクリアしていくと徐々にレベルが上がっていくシステムなので、やっていくうちに自然と英単語を覚えていきます。

また、クリアしていくとステッカーをもらうことが出来るので、お子様でも楽しんで続けることが出来ます。

3.“楽しい英語 Fun English”

3歳から10歳頃までのお子様向けに、言語学習の専門家がデザインしています。

パズルやカードめくりなどのゲームをしながら英語を学ぶことが出来るので、小さいお子様でも飽きないで続けることが出来ます。

また、色や動物、食べ物などのカテゴリーに分かれているので、お子様の興味のあるカテゴリーから学ぶことが出来るのと同時に、覚えやすくもなっています。

幼児がずっと見てくれる英語の動画

小さいお子様は好奇心がとても旺盛なので、いろいろなことに気が散りやすいですよね。

ですが、興味のあることに対しては物凄い集中力を発揮して覚えることも早いので、お母さんをビックリさせることも多いでしょう。

英語もお子様にどう興味を持たせるかが重要になります。

“Busy Beavers”では1~3歳向けの英語動画をユーチューブで配信しています。

アルファベットや数、色、形などの名前を印象的な音楽に合わせて繰り返し歌ってくれるので、普段何気ないときに流しておくだけでも自然と子供の記憶に残ります。

原色に近い色を使った明るい絵なので、見た目も可愛く覚えやすいです。

一つの動画が1~2時間くらいあり、その中でいろいろなカテゴリーの英語をうまく繰り返し教えてくれるので飽きずに見ることが出来ます。

いくつかレベルに分かれているので、簡単な単語から少し難しい単語までを“Busy Beavers”で勉強することが出来ます。

また、メロディーが印象に残りやすいので、子供たちもマネして歌いやすく、自然と英単語が身に付くところが良いですよね。

携帯でいつでも見ることが出来るので、バスや電車移動の愚図り防止にもなりますし、暇な時間にパッと見せることが出来てとても便利です。

幼児も楽しめるアイデアゲームとは

2~3歳の子供は動きが活発になるので、体を動かくゲームだと喜んでくれることが多いです。

“Do as I say”というゲームがあります。

まずは「Jump」「Walk」「Run」など簡単な単語を言って、お子様にその動きを実際にやってもらうゲームです。

慣れてきたら回数を指定したり、時間を指定したりすると飽きずにどんどんレベルアップしていくことが出来ます。

例えば、

・「Jump 5 times.」(5回ジャンプして)

・「Around 3 times.」(3回回ってください)

・「Raise 10 seconds hand.」(10秒手を挙げてください)

などです。

私も5歳と3歳の子供と遊んでみたら、楽しんで何回もクイズ出して!と言われたので、続けていくと自然と英語が身に付くと思います。

次に“Can you find it?”という、家の中にあるものを見つけるゲームもあります。

「Can you find a books?」(本を見つけられるかな?)

「Can you find a pen?」(ペンを見つけられるかな?)

など、Can you~で始めてお子様にも「Yes I can」と答えさせると良いです。

また、こちらも慣れてきたら個数や色、大きさなどを指定するとより面白くなります。

例えば、

・「Can you find 3 pens?」(ペンを3本見つけられるかな?)

・「Can you find a red cup?」(赤いコップを見つけられるかな?)

・「Can you find a big bag?」(大きい鞄を見つけられるかな?)

などです。

もっと上級では「Can you find 2 brown box?」(2つの茶色い箱を見つけられるかな?)など指定項目を増やすと長く楽しく遊ぶことが出来ます。

幼児が英語を楽しんでくれる方法

幼児に英語を楽しんでもらうには、まずお父さんお母さんが英語を楽しむ姿をお子様に見せてあげることだと思います。

今では英語は義務教育であっても、お父さんお母さんの世代ではまだまだ英語をペラペラ話せる人って少ないですよね。

苦手意識があると、子供にも伝わってしまいます。

なので、まずは形だけでも「英語って楽しい」ということを子供に教えてあげましょう。

小さいお子様はお父さんお母さんのマネをすることが好きなので、ご家庭でも日常的に英語を取り入れることで、お子様もマネをして楽しんで話してくれるようになります。

また、プリントなどの勉強だけでなく体を使ったゲームを取り入れて学んでいく方が、小さいお子様は楽しめると思います。

言葉はまず、音で聞き取ることを優先してやると自然と覚えていくので、お母さんが簡単な英単語を使ったクイズを出したり、無料の英語動画などを見せたりして、ゲーム感覚で英語に聞き慣れることからしましょう。

あとはお子様が興味を示していないときに無理強いをしてしまうと、英語が嫌いになってしまうことがあるので注意です。

その時は無理に勉強させるのではなくて、お父さんお母さんが続けて英語を楽しんでいる様子を見せてあげることで、自然とまた興味も湧いてくるでしょう。