TOEICスピーキング・ライティングの良いいスコアとは?

 もしTOEICスピーキング・ライティングを受験するとしたら、どのくらいが良い点数なのか気になりますよね。多くの教育機関や会社でスコアの目安や必要な点数が提示されていると思います。スコアの良い悪いに関わらず、あなたの目標に対して、それらの機関から提示される点数があなたにとって取らなければならない最低限の点数になるでしょう。
・TOEICの良いスコア
 リスニングとリーディングテストと同様に、あなたのスピーキングとライティングスコアであなたの大体の英語力が分かります。逆を言えば、自分の英語力を把握していればどのくらいの点数が取れるのか推測することも可能です。テストのそれぞれのパート(各10個)で0-200点を獲得することができます。下記に掲載されているのはそれぞれ点数で自分の英語力が分かる表になります。スピーキングテストは8つにレベルに、ライティングは9つになります。

TOEICスピーキング英語堪能レベル表
スピーキング英語堪能レベル:
TOEICスピーキングスコア 英語堪能レベル
0-30 1
40-50 2
60-70 3
80-100 4
110-120 5
130-150 6
160-180 7
190-200 8

最高で200点を獲得できるスピーキングですが、もし190-200点(レベル8)を獲得できたならあなたは完璧なスピーキング力を持っていることが分かります。もしあなたがそのレベルなら多くの教育機関や会社で提示されているスコアを優に超えるでしょう。この表を効率的に用いるためには、テスト前に提示されているスコアと自分の大体の英語力を比較して勉強に取り組むことができるからです。これは自己理解力にもつながり、自分の英語力の欠けているものを補うことにもつながります。下記にある英語の文章は、ETS(Educational Testing Service 教育テストサービス)によって掲示されているレベル8スピーカーの文章になります。

“Typically, test takers at Level 8 can create connected and sustained discourse appropriate to the typical workplace. When they express opinions or respond to complicated requests, their speech is highly intelligible. Their use of basic and complex grammar is good and their use of vocabulary is accurate and precise. Test takers at Level 8 can also use spoken language to answer questions and give basic information. Their pronunciation, intonation, and stress are at all times highly intelligible.”

日本語訳:
「一般的なレベル8スピーカーは、その職場にとってふさわしい言葉を選ぶことができ、発話の連続体を自分の頭の中で作り上げることができます。自分の意見や簡単には解決できないリクエストに対しての返答を表現するときには、彼らは知能レベルの高い英語を使います。彼らの使う基本的や複雑な文法はとても良く、単語は常に的確です。レベル8スピーカーは質問に答える際には、英語においての口語表現を多く使うことができ、さらに基本的な情報も文章に組み入れることができます。彼らの発音、イントネーション、強弱は常にレベルが高いです。」

TOEICライティング英語堪能レベル表

ライティングスコア 英語堪能レベル
0-30 1
40 2
50-60 3
70-80 4
90-100 5
110-130 6
140-160 7
170-190 8
200 9

スピーキングと同様、最高200点を獲得できるライティングですが、170-200点(レベル8もしくは9)を獲得することができればあなたが完ぺきな英語力を持っているという指標になります。スピーキングと同様にテスト前の自分の英語力の確認や、教育機関や会社で求められている英語レベルがどのレベルなのかの確認として使うこともできます。
下記にてETSによって参照されているライティングレベル9の文章をご覧ください。

“Typically, test takers at Level 9 can communicate straightforward information effectively and use reasons, examples, or explanations to support an opinion. When using reasons, examples, or explanations to support an opinion, their writing is well-organized and well developed. The use of English is natural, with a variety of sentence structures, appropriate word choice, and is grammatically accurate. When giving straightforward information, asking questions, giving instructions, or making requests, their writing is clear, coherent, and effective.”

日本語訳:
「一般的に、レベル9のテスト受験者は、率直的な情報や理由、例、説明文などその意見をサポートするような文章を効率的に用い、より本質的な文章を作成することができます。彼らのライティングはとても組織的で、優れています。使う英語はとても自然ですが、文章の構成がとてもバラエティー豊かで、単語の選択もとても繊細でより的確なものを使用する傾向にあります。的確な情報やインストラクションを与えたり、質問やリクエストをしたりするときの彼らのライティングは常にわかりやすく、首尾一貫しています。」

TOEICの各スピーキングスコアに有効な勉強方法

国際的なコミュニケーションのための英語のテストであるTOEIC。日本の教育機関や会社で求められていることが多い英語能力を測る一つの指標となるテストです。スピーキング部門では、ある文章の朗読、写真の説明、意見の表現、質問に対しての返答の表現を的確に表現できるかが問われます。テストの受験者は、制限時間の間にどれだけ明確に表現することができたかで点数が決まってきます。スピーキング部門の点数内訳は、20分の間に11問の質問が含まれており、0-200点を獲得することが可能です。

・有効な練習方法

1. 英語の本、雑誌、インターネットなどの文章をランダムに選択し、滑らかに発音できるまで繰り返し練習します。気に入った文章などでも何でも構いません。慣れてきたら政治・経済などの長い文章にも挑戦してみましょう。その際に、録音などをすると後に復習することができます。滑らかな発音、自分のスピーチがより繊細なものになるような簡単な勉強法になります。

2. まずは、同じく本、雑誌、インターネットなどの写真をランダムで選択します。30秒の間は写真の把握、その後に45秒間写真の説明をする練習になります。その際に必ず録音をしてください。写真に何が起こっているのかを明確に話せるまで繰り返し行っても構いません。もし写真の中に人がいるなら、その人がどのような外見か、何をしているかなど詳しく説明する必要があります。もしその写真がある場所なら、建物の色や近くに何があるのかなどの説明をしなければなりません。45秒間で明確に説明するためには、30秒の間で、頭の中で文章をより早く構成する必要があります。首尾一貫した文章を構成し、口頭で表現するためには、英語力以外の力も必要になっていきます。

3. 自分よりも英語が堪能な友達とパートナーになり、一つのトピックに対して、3つの問を訪ねてください。そして、それに英語で答えるというとてもシンプルな勉強法ですが、その友達からのフィードバックも得られるため良い勉強になると思います。例えば、あなたのパートナーがミーティングの場所、時間、日にちなどの質問をあなたにするかもしれません。実際のテストでは、最初の2つの質問では15秒間質問に答える時間があり、最後の質問では、30秒間にそれがなります。

4. 3と同様自分よりも英語が堪能な友達とパートナーになり、ある問題の解決策などを提案し、それを声に出して読む練習法になります。30秒の間にその問題の解決策を考え、提示し、次の60秒の間でそれを口に出して話すというシンプルな方法です。パートナーはそれに対し、必ずフィードバックをあなたに与えなければなりません。例えば、TOEICのテストの実際に存在した問題は、飛行機を逃した誰か、財布を無くした誰かに解決策をその人に与えなければならないというものです。問題をいち早く把握し、首尾一貫した解決策を提示することが高得点のカギになります。

5. ある主題のあなたの意見に対し、あなたのパートナーが意見や反論を述べます。それに対し、15秒間で返答するというシンプルな勉強法です。例えば、あなたが選挙候補者について述べた後に、パートナーがいくつかの質問をします。あなたはそれに対し、どのように返答するかはあなた次第ですが、高得点を狙うならば、しっかりと定義づけられた理由を述べる必要があります。

勉強のヒント

1.自分の好きな映画やTED talksでも何でも構いませんので、英語の字幕付きでその動画を見てください。より口語的な文章を身に付けることができます。もし必要ならば、動画を止めてわからない単語や文章をノートに書き留めても構いません。同じものを何回も聞くことでより深く学ぶことができます。

2. 必ずある文章を読むときは、タイマーをセットし、できるだけ早く読み終わるように心がけてください。その際に、わからない単語があっても気にせずに読み進んでください。

3. 必ず小さいノートを持ち歩いてください。そのノートは単語集として自分なりにアレンジして使ってください。わからない単語が出てきたら、すかさずにノートに書きとり、一日の間に何回も復習すると早くその単語を身に付けることができます。

4.大学生の方は英語サークルや、社会人の方は英語を話すことができるコミュニティに参加することで、より実践的な英語を身に付けることができます。机に向かって勉強する英語も重要ですが、より口語的な英語を使うことで実際のテストで高得点を狙うことができます。