履歴書の資格欄で自分自身をアピールしたい、少しでもプラスになることを記入したい。
その点で、TOEICのスコアはプラスポイントになりますが、一体何点から履歴書に書くべきか、逆に低い点数ならば記入する必要がないのではと不安になるかと思います。

この記事では、TOEICでご自身のアピールに繋がる記入方法をお伝えします。今後就活が控えている方、TOEICを受験予定の方、参考にしてください。

何点から履歴書に書くべきか

TOEICは英検と異なり合格、不合格がなくスコアと言って何点という結果から受験すれば誰でも点数がでるテストです。
履歴書に書いてアピールになるTOEICスコアとあまりにも点数ならば記入しないほうがいい場合もありますが明確な基準は実際に存在しないので希望する企業や職種によって異なるという回答となります。

例えば、企業によってどの程度TOEICスコアを重視するかが異なってくることもありますし、入社後の要件にしているほど重要視している企業とに分かれるからです。

日常的に英語を使う仕事でなければ、600点から履歴書に書ける目安とされています。
「600点以上」の理由としては、大学新卒者の場合、「英語を使う仕事でなければ、600点以上」と言われています。

はっきりした根拠があるわけではないのですが、以下のようなことが「600点以上」の理由だと思われます。

TOEICの平均スコアが580点?590点と言われているためです。990点満点のTOEICで600点というスコアは「読み、書き」が最低限できるレベルとされているためです。

しかし、応募したい企業がどの程度の英語力を入社してからの社員に期待しているかによって、求められるスコアは変わってくるので、「590点の人は絶対に書くべきではない」というわけではありません。

現在「590点」だが入社後には700点を目指しますなどいかようにも伝えることができるからです。

企業が求めている英語力を確認し履歴書に記入するか判断されてください。

続いて、仕事で日常的に英語を使う仕事に応募する場合は、700~800点以上が目安とされています。

900点を超えたら大変上出来だと判断されます。もちろん990点の満点だと尚良しですが、900点を超えた場合は「英語ができる人」と判断されますので迷わず履歴書に書きましょう。

また、この場合も明確な根拠がないので企業側が求めている英語に対するウエイトを確認して判断しましょう。

英語以外にも他の言語が話せるなどアピールできるポイントがあるのなら、あくまでも参考程度に記入しても良いでしょう。

履歴書でのご自身のアピールできる項目を今一度振り返って判断されるといいと思います。

TOEICのスコアを書くことによって、だいたいどの程度の英語力かというのが人事としても判断できる材料となるので600点以上あれば記載してしまって良いと思います。

ただ、履歴書にスコアを水増しして記入することはやめましょう。企業によっては最後にスコア表を提出させる場合もあるので後にバレてしまうこともあります。
少しのスコアの水増しがあなたへの信頼度に影響してきますので虚偽の記入はやめて正直に書きましょう。

TOEICのスコアに期限はあるのか?

TOEICの点数(スコア)に有効期限はないので採用時に「◯年以内に受験したもの」など企業から指定がなければ過去のスコアでも有効です。

TOEICの点数を履歴書に書くなら2年以内と聞いたことがあるかもしれませんが、その理由としてはTOEIC運営委員会が、認定書の再発行が試験日から2年以内のものまでとされているという点もあります。

もし企業からスコア表を提出するよう指示があり、手元になく再発行が出来ない場合は再度受験したほうが良いかもしれません。

100点も200点も大幅に点数が下がることはないと思いますので再度受験しましょう。もしくはスコア表は大切に保管しておきましょう。

履歴書に書くのは最新スコア?最高スコア?

TOEICの点数は最新のスコアを記入するのかそれとも最高点を記入するのかと迷うところもあるかとおもいますが、基本的には認定書が手元にあるものの中での最高スコアを履歴書に記入しましょう。

TOEICに有効期限はないので企業からの過去3年以内などといった指示がなければこれまでの最高スコアを記入しましょう。

履歴書で自分をアピールする方法

英語力をアピールできるテストはTOEICだけではないことを頭におきましょう。

TOEIC以外にもTOEFL(Test of English as a Foreign Language )もありますし、英検でも英語力を証明することが出来ます。

留学経験があるのなら海外での生活、コミュニケーションで学んだことなども面接時に話せるトピックにすることも出来ます。

TOEFLのスコア、英検であれば何級かでおおよそのTOEICスコアにも換算出来ますので、TOEICを受験したことがなくてTOEFLや英検を持っているのであれば迷わず記入しましょう。

また、海外勤務なども視野に入れている企業によってはTOEFLのスコアをチェックする場合もあるので一定以上のスコアがある場合、アピール材料にすることも可能です。

TOEICのスコアだけが履歴書でアピールできる方法ではないです。ハイスコアを持っているのであれば遠慮なくアピールすれば良いと思いますが、TOEICのスコアが低い、平均にギリギリ到達するかしないかの場合は書き方でカバーしましょう。

現在のTOEICのスコアは●点だが、現在勉強中で今年中で700点獲得を目指して勉強中ですなどと言った今後の伸びしろに期待してもらう書き方も可能です。

もちろん宣言したからには頑張るしかないのですが、他で何もアピールする材料がなく、いずれにせよ今後英語を頑張りたいと思っているのならこのような書き方でのアピールもテクニックかなと思います。

面接で自己アピールする方法

さて、履歴書でTOEICについて記載したらその次は面接でのアピールです。

もちろんTOEICスコアで採用される訳ではなく、もっとも重要視されることは志望動機や適正などとなってきますが、その次の段階であなたのポテンシャルを見る場合に役に立つのがTOEICスコアです。

どのようなアピール方法が面接で有効なのかは事前に志望している企業を研究して求める人材などから分析しましょう。

既にハイスコアをお持ちの方は、英語スキルを使ってどのように会社に貢献していきたいのか入社した後の将来的な展望を面接官にイメージさせると効果的です。

そして、TOEICスコアが平均くらいの方は、TOEIC受験をして学んだことを面接時に話すことも有効です。

例えば、TOEICの簡単な説明をします。はパート1~4がリスニング、パート5~7がリーディングに分かれています。

自分自身の苦手分野はどこでそれを克服するためにどのような勉強をしてスコアアップをしたのか。それぞれのパートの出題傾向はだいたい決まっているので、過去問を解きまくったなどあなたがどのように、TOEIC試験に向き合い勉強してきたかをご自身の経験を元に話すことで、今後のビジネスで苦手なことが起こったとしても、諦めずに立ち向かいますなどと繋げることが出来ます。

限られた時間でどのようにTOEICの勉強をしたのかを入社後の効率化に繋げることも出来ます。せっかく頑張って獲得したTOEICでの経験をご自身の言葉で面接官に伝えましょう。スコアよりも立ち向かう姿勢は伝わります。

TOEICは履歴書に何点から書くべきかのまとめ 

いかがでしたか?今後も企業ではグローバル化が進み、英語が話せる、関心のある社員が求められでしょう。

TOEICスコアである程度の英語力を測ることが可能なので、受験をし、スコアを獲得していれば、英語力の面でアピールすることが出来ます。

かと言って、TOEICのスコアが高いというだけで採用されるということでもありません。

TOEICのハウツー本があったりするのでスコアは高いけれでも話せない人も日本には多く存在するためです。

この部分は人事担当者も認識している事柄なのであくまでも目安という点で簡単な英語面接などで確認される場合もあるでしょう。

TOEICスコアよりも人物像や他のスキルの方が重要とされる場合も多いので、応募したい企業がどの点を重視しているのかは事前に確認するポイントです。

募集されている部署やポジション、現在の従業員とのバランスも考えられての採用となるので一概にTOEICスコアを重視するという訳にもいかないのです。

とはいえ、業種的に海外赴任の可能性がある場合や、ゴリゴリの外資系企業、多国籍な社員が集まる部署もあるのでコミュニケーションレベルが最低限としてある一定の英語力を採用基準としている企業もあります。

そのような場合はそもそも一定のスコアを取っていないと応募することも出来ない場合もあります。

具体的にスコアを提示している会社もあれば特に応募要件にしていない会社もあります。記載が無い場合は事前に人事担当者に英語を使う頻度やTOEICスコアを重視するかなど問い合わせることもおすすめします。

お伝えしたようにTOEICのスコアは何点でも書いてはいけないという決まりはありません。

しかし、それほど良くない点数を書いてしまうと「英語力があまりない」ということを自ら公表することにもなりうるので希望先の業界、業種で差別化ができると判断した場合には履歴書に書いてもよいと思います。

一般的に履歴書に書けるスコアは最低でも600点以上ですが、入社後から即ビジネスメールや英語での会議がある企業によっては750点程度以上が望ましいと思います。

このように、応募先の業種や職種によって書くべきスコアは大きく異なり、新卒採用なのか転職なのかによっても変わってきます。

ご自身の状況をよく考慮しつつ応募先企業を研究した上で、TOEICスコアを履歴書に書くかどうか判断されてください。