TerraTalk(テラトーク)という英会話アプリをご存知でしょうか。

TerraTalk(テラトーク)は英語アプリの中でも評価が高いとされています。
実際に使用した人の口コミではどのような評価をされているのでしょうか。
どのような評判なのか、口コミを調べてみました。

そして、TerraTalk(テラトーク)の実際の使い方や、TOEIC、英検対策として活用できるのかをお教えします。

これからTerraTalk(テラトーク)を使おうと考えている方、口コミや評判を知りたい方はぜひこの記事を参考にして下さい。

TerraTalk(テラトーク)アプリの口コミ

TerraTalk(テラトーク)を実際に使用したので、口コミとして紹介します。

選択できるコースは以下のとおりです。

・留学生
・初心者向け
・ビジネス
・日常会話
・趣味
・恋愛
・非日常
・旅行

それぞれのコースはさらに細かく分かれています。
例えばビジネスであれば、新社会人向け、レンタカーショップ店員、経理の仕事、駅構内係員など、さまざまな職種になりきって勉強できます。

その他、語彙力、発音、リスニングのトレーニングができます。

新社会人向けのコースを試してみました。
打ち合わせ設定や、コーヒーを飲みたい時の会話など、リアルな状況で会話ができます。
AIが相手なので、緊張することなく英語を試すことができます。

正解の会話もあらかじめ勉強してできますし、いきなり会話問題に入ることもできます。
状況の説明は英語で最初にされますので、答えるべき内容はあらかじめ知っておくことができます。

アドリブで適当に答えても対応してくれます。
明らかな不正解の場合はもう一度質問されます。

会話問題をしているとやや音声認識がしにくいように思いましたが、我慢出来ないほどではありませんでした。

ただ、単語の発音トレーニングは音声認識がうまくいかないことがあります。
完璧な発音ができないからなのか、音量の問題なのかは不明です。

英文をしゃべるところでは大きな問題はないので、単語の発音より英会話をメインに発音練習をしたほうが良いかもしれません。

毎月1,950円ですべての機能が使えるようになります。
アプリでこの価格はちょっと高いようにも感じます。

31日間はトライアル期間ですべての機能が使えます。
しかし、それ以降はスピーキングレッスンをするには課金する必要があります。

トライアル期間で全て終わらせるつもりで使える時間のある人なら良いですが、片手間でやるには時間が足りないかもしれません。

気軽に英会話を試しながら勉強できるのは良いところです。
音声認識に関してはスマホの機種の問題もあるかもしれませんので、人によってはクリアに認識されるかもしれません。

TerraTalk(テラトーク)アプリの評判

TerraTalk(テラトーク)を使用した人のレビューを紹介します。

APPストアのレビュー

かなりいいと思うが、月額なのは高い気がする。

発音の認識があまり良くない。
単語の認識が悪く、しかも録音時に最初と最後の部分が切れてしまうことがある。
内容は良いだけにもったいないと思います。

Google Playのレビュー

英語を勉強してきたけど英会話はイマイチできないという人にぴったり。
会話として成立する返答をすれば会話を進めてくれます。
アプリが習熟度を判定してくれるので、復習するポイントがわかりやすいです。
一人で学ぶなら効率が良いと思います。

ちゃんと発音してるはずなのに反応してくれない。

なかなか聞き取ってもらえない。
大きな声を出したり、マイクに近づいても変わらなかった。
発音のせいなのかマイクのせいなのかわからずやめてしまいました。

全く聞き取ってくれない。
ネイティブの友達にも試してもらったけどそれでもダメ。

レビューから分かることは以下です。

・発音の認識が悪い
・課金が高い
・一人で勉強するのに向いている
・アプリが習熟度を判定してくれる

特に発音の認識に問題があるというレビューが多かったです。
ただAIが相手なので、一人で気楽に勉強できるところはメリットです。
人間が相手だと緊張してうまく話せないということがあるので、英会話に慣れていない人向けです。
さらにアプリで習熟度の管理ができるので、復習ポイントを把握するのが楽なのも良いところです。
音声認識が悪い点が我慢できるなら使ってみる価値はあると思います。

TerraTalk(テラトーク)アプリの使い方

ここからは、TerraTalk(テラトーク)の使い方を説明します。

ログインはツイッター、フェイスブック、メールアドレスのいずれかで可能です。
登録時に自分の英語力や生年月日、学習目的を入力します。

アクセントはアメリカ、オーストラリア、イギリスの3つから選択可能。
話すスピードも50%~125%の範囲で選択できます。

勉強したいコースを選択したら、まずはリスニングで会話の内容を確認します。
単語の意味と発音も確認して練習が可能です。
各コースのドリルでは、発音、リスニング、語彙が勉強できます。

そしてスピーキングの練習に入ります。
マイクに向かって質問に答えます。
音声が単語のテキストに置き換えられて表示されます。
言い間違えても何度でも言い直すことが可能です。

基本的にTerraTalk(テラトーク)はこの流れで使っていきます。

復習すべきポイントはアプリが自動的に判断してくれます。
ドリルを進めていくことで、自分の苦手なところがわかるようになっています。

TerraTalk(テラトーク)アプリで英会話は身につく?

TerraTalk(テラトーク)で英会話力はアップするのでしょうか。

実際に使ってみた感想としては、英会話に慣れていない人が基本的な会話を身につけるために役立つと思います。

言うべき文章を覚えるだけでなく、自分で考えて話すことで身につきやすくなります。
TerraTalk(テラトーク)ではある程度正解に余裕があります。
きちんと言いたいことを伝えることができれば、会話を進めてくれます。

しかも相手がAIなので、間違えることが不安でも問題ありません。
何度でも言い直すことができますし、間違えても恥ずかしがる必要が全くありません。

気楽に英会話を確認、勉強できるのがTerraTalk(テラトーク)の最大のメリットだと思います。

TerraTalk(テラトーク)アプリはtoeic対策できる?

TerraTalk(テラトーク)はTOEIC対策として役立つのかを説明します。

TerraTalk(テラトーク)はビジネス用の英会話を学ぶことができます。
ですが、TOEIC対策のコースはありません。

TOEICは試験の形式に慣れておく必要があるので、TerraTalk(テラトーク)でTOEIC対策を考えるのは難しいと思います。

TOEIC用の対策アプリを使うか、本の教材を使うことをおすすめします。
特に本番に近い模擬試験は有効なので、アプリより効果的だと思います。

TerraTalk(テラトーク)で学べるビジネスの英会話は、実戦向きの英会話です。
試験対策として考えるのであれば、使いにくいかと思います。

TerraTalk(テラトーク)アプリは英検対策できる?

TerraTalk(テラトーク)は英検対策として役立つのかを説明します。

TOEIC対策の項でも説明しましたが、英検対策としてのコースはありません。
また、TerraTalk(テラトーク)は実用的な会話を身につけるためのものです。
そのため、英検で出題される問題に触れることができません。

試験対策としてはあまり効果的ではないと思います。

英検対策としてアプリを使いたいなら英検過去問解説付きや、英単語学習アプリmikan、英検英単語などがおすすめです。

オンライン英会話スクールにも英検対策コースがあるので、そうしたスクールでプロの指導を受けるほうが効率的だと思います。

TerraTalk(テラトーク)アプリの口コミまとめ

いかがだったでしょうか。
今回はTerraTalk(テラトーク)を使ってみた口コミと、ネット上の評判を紹介しました。

AIを相手にして英会話を学べるので、人間相手で緊張してしまう人や、失敗が怖い人に向いています。
その他以下のポイントがあります。

・発音の認識が悪い
・課金が高い
・一人で勉強するのに向いている
・アプリが習熟度を判定してくれる

使ってみた印象としては良いアプリですが、音声認識の精度があまり良くないことがあります。
特に単語の発音は何度やり直しても認識されないこともあり、ストレスになります。
英会話の音声認識はそれほど問題ありません。

一人で勉強するのに向いているので、英会話を学びたいけどレッスンを受ける勇気がない人にぴったりです。

ただし、TOEICや英検対策としては不十分なので、試験対策は他の専門的なアプリを使ったり、レッスンを受けるようにして下さい。