実はリスニングが一番苦手。文法は得意なのに、英語教材や英会話で何を言っているのか分からず、置いてけぼりにされているようなあの感じから早く抜け出したい。
リスニング力を格段に上げてみんなの輪の中に入って会話を楽しめるようになりたい。

という人も多いはず。相手がいて初めて成立する英会話。相手が何を言っているのか分からないと会話が成立しません。
そんな状況を脱するためにも今回は「英語初心者がtedでリスニングを勉強する方法」をご紹介します。

tedが英語学習に効果的な理由

TEDほど英語学習特にリスニング力の強化になる無料の教材は他にはないというくらい、コンテンツが充実していて日々更新されて行くので永遠に使える英語学習です。
スポーツ、テクノロジー、自己啓発、恋愛の話など様々なジャンルの話があるのでご自身の好きなテーマからリスニングをスタートすることができます。
お気に入りのコンテンツを見つけて聴きまくる。それが可能なのがTEDなのです。TEDを使うと英語のリスニングが本当に強化されます。

そもそもTEDとは何かというところから説明しますと、TED(Technology Entertainment Design)の略で、多岐にわたるアイデアを共有すること目的としているに、著名人による講演会を運営している団体です。

登壇者には女優、ライフコーチ、スポーツ選手、経済学者、脳科学者、シェフ、宇宙飛行士など様々な業界の人がスピーチをします。
もうお分りいただけるように、TEDを聞くことで、様々なジャンルの最新のアイディアに触れることが可能です。

リスニング力だけでなく、簡潔にまとめられているため、ライティングでの要約の対策にもなりますし、学術的な語彙力、単語力を増やすことが可能です。

tedを有効的に使う方法

TEDは多種多様のコンテンツがあり、英語表記ですが、たくさんのジャンルの視聴が可能です。
関心のあるトピックやジャンルで学ぶ方が元々関心のないテーマで学ぶよりも学習の吸収度は数倍も結果に違いが現れます。

1.興味のある動画を探し出す
まずはTEDのサイト上で、ご自身の興味のあるジャンルの動画を探します。ポイントは本当に見たいと思える内容を見つけ出すことです。多種多様なコンテンツがあるので、初めのうちは動画を探しだすことは大変かもしれませんが、ここは妥協せずに、「見たいと思った」「関心のある分野だから」「興味がある、気になっているジャンルだった」などの惹かれるトピックを見つけ出しましょう。絶対に妥協してクリックをしてはいけません。
また、TEDではジャンル別に検索することも可能です。TEDの公式ページの画面上部にある「DISCOVER」と「Topics」をクリックして、さまざまなトピックを選択するページへいき興味のあるトピックをクリックすると、関連のあるスピーチがすべて表示されます。
TEDのスピーチには学術に関するトピックも多く存在し、4技能試験に出題される内容と共通するものがあります。そのため、普段からTEDで注目されるトピックなどに注意しておく事で、リーディングで出題される文章の内容やライティングで出題される問題のトピックなどへの対策をすることができます。
2.英語字幕を駆使する。
TEDを視聴する際には、英語字幕をつけて動画を繰り返して観る。
TEDを活用する際は、スタートは字幕なし→英語字幕をつける→日本語字幕で答え合わせ→もう一度字幕なしで視聴の4回視聴することがリスニングに効果的な勉強法です。ところどこと聞き取れない部分もあるかと思いますが、繰り返して聞くことが可能なので立ち止まって聞き直すこともリスニング学習でとても効果的です。

TEDは隙間時間でコツコツ聞く!

英語の学習をするうえで、「継続は力なり」と言いますが、一番重要なことは勉強し続けることです。

一度に2時間の英語学習を毎日続けることは難しいですが、隙間時間に5分や10分なら日常生活で時間を作ることはできないでしょうか?TEDは短い動画もたくさんあるので、毎日1動画など学びやすいです。

ジャンルとしては、宇宙科学、スポーツ、健康、政治、経済、教育、ファッション、心理学、教育、自己啓発などと幅広いジャンルがあるので気になる動画がきっと見つかるはずです。

5分や10分の動画なので隙間時間で手軽に見られます。もちろスマホからでもパソコンからでも無料で視聴が出来るところも英語リスニング学習において最高の教材だと思います。

通勤通学での移動時間や、起床後や寝る前などの時間を利用して学習が可能です。初めは聞き取れなかったTEDでも何度も繰り返し聞いていると聞こえるようになってくるので、英語を継続して学習するうえでのモチベーション維持に繋がります。「10分あるからTEDの続きやろう!」とか気軽に日常生活の中に無理なく英語を浸透させることが出来るのでおすすめです。

隙間時間のコツコツ学習法は長期的に見て格段に変わりますのでぜひ続けられる学習方法を実行してください。

リスニングアップには声に出すことが大切!

今回は、TEDでリスニングを伸ばす裏技を解説します。

リスニング力が上がると、ネイティブのナチュラルなスピーチの速さを聞き取れるとリスニングが向上し、TOEICや英検、TOEFLなどのあらゆるジャンルのリスニングテストでも苦手意識を取り除くことができ、むしろ得意になっていきます。TEDでネイティブの訛りや発音にも慣れてくるので驚くほど聞き取れるようになってきます。

早速TEDリスニングを実践しましょう!TEDではリスニング、まずは聞き流しを行い、スクリプト(原稿)を読み込んでいきます。

最初にTEDを聞いてよく分からない言い回しや聞き取れなかったフレーズはこのスクリプトを読む段階でスッキリさせてください。
スクリプトを読み込むことでプレゼンの内容を理解出来るのでここはとても大切です。理解度が高まると同時に、耳で英語を理解出来るので楽しく学習ができます。

その作業が終わったら、次はスクリプトを声に出して読むのです。声に出して自分自身の言葉を耳で聞くことによって発音できない単語がわかります。

発音できなかった単語が発音出来るようになると聞き取りが出来るようになります。これがクリアしていくとリスニング力がアップします。

また、自身が出てきたら一度ご自身がスクリプトを読んでいるものを録音することもおすすめです。是非試してみてください。

TEDリスニング勉強におすすめな動画3つご紹介!

いきなり政治や経済に関する動画を選ぶ必要はありません。将来の夢とかライフスタイルに関すること、スポーツマインドなど誰しもが理解できそうな簡単な内容のトピックを選ぶと続けやすいです。

また、短いものでも5分ほどの動画もあるので初めは短い動画を二つ、三つ見るだけでも飽きずに続けられるので効果的です。今回は、比較的短い動画で入りやすい動画をご紹介します。

短くて興味のある動画を見つけてみてください。

ファッション好きのあなたに!新しくないものを着る!デザイナーのジェシーさんスピーチ

カラフルに服を着るのが大好き!でシチュエーションに応じたカラフルな服を毎日ブログにアップしているというデザイナーのジェシー・アーリントンさん。

(Wearing nothing new)をコンセプトに新品の服を買わないスタンスで通されています。大体は古着屋さんなどで揃えてしまうそう。

TEDでの講演のためにスーツケースに持ってきたのは下着だけ。現地の古着屋さんで1週間分の衣装を低価格かつ色鮮やかに揃えています。

新しく服を買わないことが環境にとってもよく、宝探しのような気分になる。といった内容です。

スライドでも、彼女の鮮やかなコーデが紹介されていてとても楽しいです。6分以内の動画なのであっという間に見終わります。

マット・カッツの30日チャレンジ

TEDデビューに最適です。ずっとやりたいと思ってきたこと、したいと思ってなかなかやれないでいることはありませんか? マット・カッツは試しに30日間だけやってみてはと提案します。

この3分ほどの短いスピーチでは、彼の実際の経験を交えながら目標の設定方法や達成について考えるためのアイディアがシンプルに表現されています。

これをみて「英語学習を30日続けてみる」とエンジンにすることもおすすめの動画の見方です。

イギリスの料理人、Jamie Oliverの食育についてのスピーチです。

Jamie Oliverの英語は典型的なイギリス英語ですが、初めは聞きなれないかもしれませんが、慣れていくとリスニング力としても武器になります。

少し長めの動画ですが、パフォーマンスやスライドもあるのでアメリカの「食」に関する固定観念と肥満問題について彼独自の視点で訴えます。

子供や孫の世代にどうやって健康を意識させるかは周りの大人次第と言った内容。正しい知識を教えましょうという納得の話をしてくれます。

まとめ
英語初心者がTEDでリスニングを勉強する方法をまとめましたが、いかがでしたか?TEDはご自身の好きなジャンルからリスニングに入ることが出来ると同時に、内容理解のために語彙力や単語力が鍛えられるだけでなく、要約や内容理解などの対策も可能です。ぜひ、リスニング力アップのためにTEDを活用してみてください。