英語のシャドーイングについていけない

シャドーイングは、英語のスピーキングやリスニング力を鍛える練習として、最近とても注目されている方法です。学校や英会話塾でもおすすめしている先生が多いようですね。

しかし、いざシャドーイングにチェレンジしてみると、その難しさに驚いた、という人も多いのではないでしょうか。
ネイティブスピーカーの英語は本当に速いので、聞きながら発話するということに慣れていないと、そのスピードついていけずにいつの間にか文章が終わってしまった、というのはよくある話です。

それは、シャドーイングというのは中上級者向けの練習法で、ある程度のリスニング力と語彙力が同時に必要とされるからなんです。
リスニング力だけがあっても、きちんと意味が理解できていなければ文として発音することはできません。逆に語彙力だけがあっても何と言っているのかがわからなければ、声を出すことすらできませんよね。

この方法は、最近英語を習い始めたばかりで、中学レベルの文法もあやしいかも…?という人にとってはかなり難しく感じられることでしょう。
シャドーイングをやってみたけれど、うまくついていくことができず心が折れそう…。という人には、スクリプトを見ながらできるオーバーラッピングという方法がおすすめです。それでナチュラルスピードの英語に慣れてから、再びシャドーイングにチャレンジするのがいいでしょう。

英語のシャドーイングの効果的なやり方

まずは、自分に合ったレベルの文章をチョイスし、一切発音することなく聞きます。
このとき、聞き取れない単語がほとんどで半分も意味がわからなかった、と思ったらその教材はあなたのレベルに見合っていません。もう少し簡単なものを探しましょう。
聞き取れない単語もあったけれど、70~80%ぐらい意味はわかったぞ、というぐらいがちょうどいいです。

次に、いよいよシャドーイングしていきます。はじめから完璧に復唱しようと頑張らなくても大丈夫です。日本語で言われたことですら、間髪入れずに一言一句間違えずに復唱して!と言われても難しいですよね。それを英語でやろうとしているのですから、完璧にできなくて当然です。

慣れない間は、自分が声を出している間の単語はなかなか聞き取れないでしょう。この段階では、聞こえた単語を途切れ途切れに発生するだけでいいです。
大事なのは、声を出すのをやめないこと!
手当たり次第に聞こえた単語をどんどん発音するようにしましょう。

最後にスクリプトを見て、どうしても聞き取れなかった単語を確認するようにしましょう。とくにbe動詞やhaveなどは聞こえにくい場合がありますから、その点も注意して見ておくといいですね。

根気強くこれを繰り返すと、最初はぽつぽつと単語でしか発音できなかったのが、だんだん文章で発音できるようになってきます。
ところどころでもネイティブスピーカーの発音通りに発音できるようになれば、上達しているのが実感できるはずです。
そうなれば、英語の学習が楽しくなってくるので、学習意欲がさらに高まることでしょう。

英語のシャドーイングのコツ

シャドーイングのコツは、大きくわけて3つあります。

1つは、自分のレベルに合った文章を選択することです。
これはシャドーイングに限らずどんな練習法に関しても言えることですが、その方法がどんなにいいものであったとしても、あまりにも難しすぎたり簡単すぎたりすると正しい効果が得られません。

それだけでなく、学習意欲の低下にもつながります。英語力を向上させるには継続することが不可欠ですから、意欲の低下は絶対に防がなければなりません。自分のレベルを自分で正しく認識し、ちょうどいい教材を選んでくださいね。

2つ目は、あれこれいろいろな文章に手を出さない、ということです。1つこれ!と決めたなら、それがある程度できるようになるまで同じものを繰り返し練習してください。

シャドーイングの目的は、英語のイントネーションや独特のリズムを口に覚えさせることです。それが定着するのには時間がかかります。
少しできるようになったからと言って、単語がぽつぽつと言えるだけ、という中途半端な状態で次々と違うものにトライしてしまうのはあまり良くないでしょう。

3つ目は自分で自分の声がしっかり聞こえるぐらい声を出すこと、です。
とはいっても、やり始めのあまり上手でない発音を大きな声で話すのは抵抗がありますよね。声の大きさはどれぐらい自信があるか、ということに比例します。
初めは小さな声でもしかたありませんが、慣れてきたら無意識にしっかり声が出せるようになっていることに気付くはずです。そうなったら上達している証拠ですから、その調子で続けていきましょう。

シャドーイングは、コツを押さえてトライすれば確実に英語力がアップします。「継続は力なり」をモットーに頑張ってください。

英語のシャドーイングの初心者に多い間違ったやり方

シャドーイングは正しいやり方で行わなければきちんとした効果が得られません。
初心者がよくやってしまいがちな間違いは、最初にスクリプトを見てしまうこと、です。

シャドーイングは、何も見ずに耳だけを頼りに文を理解し発音するというところに大きな意味があるのです。だからこそリスニング力と語彙力が求められます。
しかし、はじめからスクリプトを見てしまうと、どういう単語が出てくるのかということがわかってしまうため、その効果は半減します。
「読んで理解する」というのと「聞いて理解する」というのは同じ理解でもプロセスがまったく異なります。
シャドーイングが求めているのは「聞いて理解する」ということです。事前に何も見ない、ということを徹底しましょう。

とはいっても、最後までスクリプトを見なくていいわけではありません。スクリプトを確認するのは、ある程度練習し終わった後です。自分が思っていたのと違う単語が発音されていたり、単語と単語が繋がっていたりということがありますから、一度確認しておくことも大切ですよ。

また、初心者の人は、一文があまりにも長い文章を教材として選択するのも良くないです。
慣れればどうってことありませんが、慣れていない段階では途中で追いかける気力を失ってしまう可能性があります。
はじめはダイアログなど、一文が短い会話形式の簡単なものをチョイスしてください。場面設定さえつかめれば、意味も理解しやすいのでおすすめですよ。

英語のシャドーイングを私はこうやって実践した

最近では、英語を学習する人が増えたため英会話塾も増えましたし、CMでもよく見かけるようになりましたよね。YouTubeを検索してもシャドーイングのための教材があったり、スマートフォンなどでも無料のアプリがあったりするのをご存知ですか?

私はスマートフォン版のアプリ「English conversation」というアプリを使って学習を進めました。
内容としては、会話形式のスクリプトを読み上げてくれるものとなっており、単語の難易度も高校入試レベルほどものです。
一文も10語ほどでそこまで長くありません。録音機能も付いていますので、自分の発音を確認することもできますよ。英語を学び始めたばかりという方におすすめします。

このアプリは使い方も簡単で非常にいい練習となったのですが、唯一の欠点としては、シャドーイング専用の教材ではないため、スクリプトを隠すことができません。会話をスタートさせたらすぐに画面を伏せるなど、スクリプトを見ないようにする工夫が必要です。

シャドーイングのための無料アプリはたくさんあります。お金をかけずに上達できるのが一番良いですが、選ぶのに困ってしまうほどいろいろなアプリがありますよね。
インストールしてみたら、広告が多かったり、使い方が煩雑なものもあったりと、自分に合うものを探し出すのに少し時間がかかるのはたしかです。
でも、いい教材さえ見つかればあとは練習あるのみなので、まずは教材選択を妥協しないでやってみることをおすすめします。

英語のシャドーイングのまとめ

これからシャドーイングに取り組む人に、知っておいてほしいポイントは5つあります。

まず1つ目は、シャドーイングでは、ある程度のリスニング力や語彙力が必要とされるということです。全くの英語初心者の方がいきなり取りかかるにはハードルが高いでしょう。
その場合は、まずはオーバーラッピングなどで英語に慣れてから、シャドーイングを始めることをおすすめします。

2つ目は、やり方の順番を守るということです。
まずこれから練習する英文を一切声を出さずに通して聞く、その次にできる範囲で復唱する、ある程度できるようになってからスクリプトを見て内容を確認する、という順番で練習するのが効果的でしょう。
決して最初にスクリプトを見てはいけません。
あくまで耳を頼りに練習するということを念頭に置いておくことが大切です。

3つ目は、自分に合った教材を選択するということです。
1度聞いたときに、70~80%理解できるぐらいの内容がベストです。簡単すぎても難しすぎても練習になりません。初心者の方は一文が短めの文章をチョイスしましょう。せっかくの学習意欲をそがないよう注意してください。

4つ目は、1つの英文を繰り返し練習する、ということです。
最初から完璧な文で復唱できるという人はほとんどいません。繰り返し声を出すことによってだんだん慣れてきますが、ぽつぽつと聞こえた単語を言うことができる、というレベルにしか達していないのに、別のものに取りかかってしまうとあまり力はつきません。何度か練習しある程度きちんとした文で発音できるようになってから、次のものへと進みましょう。

最後に、無料の教材を利用することができる、ということも知ってもいてください。
お金をかければ必ず成果が表れるというわけではありません。空いた時間に地道にコツコツやるには、スマートフォン等の無料アプリが非常に便利です。賢く使ってスキルを磨いていきましょう。

以上、5つのポイントをまとめました。シャドーイングは正しく取り組むと、本当に効果があります。効率よく学習を進め、どんどんレベルアップしていってくださいね。