英語を勉強するときに、映画やドラマを観て勉強していませんか。

ただ映画を見るだけではセリフがちんぷんかんぷんで、結局何を言っているのか分からないことも。

実は、ただ見るだけというのは勉強としては効率が悪いのです。

かといって難しい教科書や参考書とにらめっこするのはツライですよね・・・。

興味のない会話を聞くのもツライものです。

だけど映画やドラマのセリフを聞き取れるようになりたいはず。

そんな時に活躍するのが、スクリーンプレイ(脚本)です。

映画のセリフを完全に収録し、音声データつきで学習できるものです。

ただ読むだけでも映画を楽しむことができますし、英語の勉強のために使うこともできます。

初級者から上級者まで、各英語レベルに適したスクリーンプレイの始め方をお教えします。

ここで紹介しているリストを参考に、映画で英語を勉強する効率をアップさせて下さい。

スクリーンプレイで英語学習


スクリーンプレイを使ってどのように勉強するのかを解説します。

勉強の流れは以下です。

1、字幕なしで映画を観る
2、スクリーンプレイを1ページ読む
3、読んだシーンをもう一度観る
4、聞き取れないところをメモする
5、音読する
6、音読したシーンを観てみる

詳しく説明していきます。

字幕なしで映画を観る


まずは英語音声と字幕なしで映画を観てみましょう。

自分が好きなジャンルで構いません。

苦手なジャンルを避け、興味のあるものや好きな俳優が出ているものでOKです。

このときにセリフがすべて理解できなくても問題ありません。

セリフがまったく理解できなくても、映画のおおよその流れはわかるはずです。

「この人が主人公で~」「この人と恋人になって~」「結末はこんな感じで~」と大体でいいです。

より詳細に理解できればより良いです。

また、一度観ておくとモチベーションの維持に役立ちます。

まったく観たことのない映画を、勉強のためだけにここからの流れで繰り返し観るのは結構苦痛です。

あらかじめ状況をなんとなくでも知っておくと、理解が早いですし精神的に楽です。

スクリーンプレイを1ページ読む


とりあえず映画を1回観たら、スクリーンプレイを1ページだけ読んで下さい。

いきなりすべてのセリフを読んで理解するのは大変なので、1ページだけで良いです。

スクリーンプレイは日本語訳や単語の解説なども書かれているので、理解しやすいと思います。

ここではなるべく理解できるように頑張りましょう。

完全に理解できなくても良いですが、なるべく理解できる方が進行が早いです。

読んだシーンをもう一度観る


スクリーンプレイを読んで理解できたら、そのシーンをもう一度観てみましょう。

最初に観たときより理解できるようになっているはずです。

ここで完璧なら次は飛ばしても構いません。

多くの人はここでイマイチ理解できないという状態だと思います。

それもそのはず。

文字で読むのと音を聞くのではまったく違うからです。

英語は発音が早かったり省略していたりすることが多いです。

つまり、書いてあるとおりに発音しないことが多いのです。

文章では理解できたけど、発音がよくわからない部分があれば次に進みます。

聞き取れないところをメモする


スクリーンプレイを確認してそのシーンを観ても、よく聞き取れないところをメモします。

チェックをつけるだけでも良いです。

長いセリフだと、最初は聞き取れるのに途中から理解できなくなる、ということもよくあります。

そうした部分も含めて、自分はどこが聞き取れないのかを徹底的に洗い出します。

これももちろん1ページだけで良いです。

何ページも一気にやると理解しにくくなり負担が大きくなるだけです。

嫌になって途中でやめてしまいがちなので、1ページに限定するのがコツです。

英語が得意だという人でも1ページに限定したほうが続けられます。

音読する


よく聞き取れない部分を音読します。

スクリーンプレイには音声データがついているものがあるので、それを利用します。

なければ映画の音声を使います。

まずはセリフの一文を聞いた後に、自分も発音してみます。

最初はゆっくりでも構いません。

聞いたままの音を出せるように練習して下さい。

なれてきたらセリフを聞きながら発音してみて下さい。

カエルの歌の輪唱のような感じで、後から続いて台詞を読みます。

こうして聞き取れない部分の発音を徹底的に身につけます。

人間は自分が発音できる音は聞き取れる特徴があります。

このことから、発音を強化することでリスニング力もアップします。

役になりきって台詞を読むと更に効果的です。

登場人物の気持ちや状況を理解して話すことができるので、同時に言葉も身につきやすいです。

もし同じ状況や気持ちになったら、自然と使うことができるようになります。

音読したシーンを観てみる


音読できるようになったら、もう一度そのシーンを観てみましょう。

最初に観たときとは明らかに違うはずです。

「聞き取れるようになってる!」と驚くはずです。

「発音できる音は聞き取れる」ことを実際に体験できます。

早ければ5分程度で1つのセリフを聞き取ることができるようになります。

映画で英語を勉強するなら、長時間観続けるのが有効ではないと判ると思います。

発音を理解してスピーキングできるようになることが大切だと実感できるでしょう。

あとは1ページ毎の勉強を続けていくだけです。

初心者向けの映画


ここからは、英語レベルに合わせたおすすめのスクリーンプレイをリストにして紹介します。

難易度は公式サイトの難易度に準拠しています。

また、書籍・音声CD・音声データがあることがオススメの基準です。

まずは、英語初級者に向いているスクリーンプレイです。

・バック・トゥ・ザ・フューチャー
・アナスタシア
・麗しのサブリナ

SFでお馴染みのバック・トゥ・ザ・フューチャー、アニメのアナスタシア、ロマンスの麗しのサブリナと好みのジャンルに合わせて選べます。

中級者向けの映画


次に中級者に向いているスクリーンプレイです。

初級が理解できるようになったら使ってみて下さい。

・プラダを着た悪魔
・ノッティングヒルの恋人
・アバウト・タイム
・ラブ・アクチュアリー
・パパが遺した物語
・グレース・オブ・モナコ~公妃の切り札~
・ヒューゴの不思議な発明
・スタンド・バイ・ミー
・幸せになるための27のドレス
・英国王のスピーチ
・ダークナイト
・ハート・ロッカー
・ミルク
・シンデレラマン
・ウォルター少年と、夏の休日
・モナリザ・スマイル
・メイド・イン・マンハッタン
・17歳のカルテ
・アイ・アム・サム
・ミセス・ダウト
・フィールド・オブ・ドリームス
・ワーキング・ガール

中級者に向いているスクリーンプレイが最も豊富です。

ジャンルも豊富なので、お好きなものを選ぶと良いです。

上級者向けの映画


そして上級者に向いているスクリーンプレイの紹介です。

難易度が高いので、観たい映画があっても初級者は使わないほうが良いです。

・ニュースの真相
・ショーシャンクの空に
・シャーロック 忌まわしき花嫁
・食べて、祈って、恋をして
・サンキュー・スモーリング
・スラムドッグミリオネア
・JUNO
・ダイ・ハード4.0
・スーパーサイズ・ミー
・ドリームキャッチャー
・クリスティーナの好きなコト
・交渉人

英語字幕で英会話の勉強ができる理由


英語の字幕をつけて見ることで英会話の勉強ができる理由について説明します。

なぜ英語の字幕をつけると勉強になるのかというと、会話の内容がきちんと理解できるからです。

映画の中で登場するセリフを音だけですべて理解するのは難しいです。

英語は文章になると発音が少し変わったり、省略されることが頻繁にあります。

文章で確認するだけでは音の変化がわかりませんが、映画に登場する会話の音だけを聞いているだけでは、使われている単語や意味がわからないままなのです。

英語字幕を使うことで、実際にどのような単語が使われているのかを確認できるわけです。

何回か繰り返しているうちに、字幕なしでも理解できるようになります。

ただし、1つ注意点を教えておかなければなりません。

まれにセリフとは違う字幕が表示されることがあります。

どういうことかというと、文字数の制限等で、会話と字幕が微妙に違うことがあるんです。

多くの映画はセリフの通りに字幕が表示されますが、中にはちょっと違うことがあるということは覚えておいてください。

スクリーンプレイリストのデメリット


スクリーンプレイリストで英語を勉強するときのデメリットについて話したいと思います。

デメリットに感じることは3つあります。

・古めの映画が多くて面白そうに感じない
・意外と高価で出費が大きい
・映画を見ながらリストを見るのが難しい

どういうことか説明します。

スクリーンプレイリストで取り扱っている映画は、基本的に一昔前の映画で、最新の映画などはありません。

古い映画が好きだったり、昔の映画に馴染みのある世代ならいいかもしれませんが、私にはあまり面白そうに感じないものが多かったです。

実際は見たら面白いのかもしれませんが、見よう!という気持ちになりにくいんですよね・・・。

そしてちょっと値段が高いこともデメリットと言えます。

映画によって値段が少し変わるのですが、書籍1冊1500円くらい、音声データや音声CDは2000円くらいします。

映画1本につき、本+CDで3500円くらいかかってしまいます。

いくつもの映画を見て勉強するには出費が意外と大きくなってしまうなと思います。

最後に、映画を見ながら書籍をペラペラ見ていくのが難しかったです。

確認している間に映画がどんどん先に進んでしまうので、追いつかないんです。

こうした理由からモチベーションが下がってしまいました。

結果的にスクリーンプレイを使って映画を観て勉強しようと思っても、長続きしませんでした。

私が実践したおすすめなスクリーンプレイ


なかなかモチベーションが上がらず、お金がかかる上に効率が悪くなってしまったスクリーンプレイを使った英語学習。

無駄にはできないと思って、もっと良いスクリーンプレイの英語勉強方法を考えてみました。

先程紹介したデメリットをすべて解決した方法で、モチベーションが下がらず勉強を続けることができるようになりました。

じっくり映画を観ながら勉強するために時間を取らなければなりませんが、スキマ時間でもスクリーンプレイできる方法です。

その方法で勉強したことで、英会話力がアップしました。

特にリスニング力がついて、何を言っているのかわからない、雑音を聞いているだけ、という状態がかなり減りました。

さらにシャドウイングをもっとすることで、リスニング力だけでなくスピーキング力もアップ可能です。

自然な英会話についていけるようになり、詰まることなく言葉が出てくるようになります。

私が実践した方法はこちらの記事で紹介しています。

→私が実践した楽しめるスクリーンプレイ体験談はこちら