日本人が英語を学ぶときに大きな壁になるのがリスニングです。
ネイティブの英語を聞き取ることができず、英語は難しいと感じてしまいます。
ですが、実際の内容を見てみると、とても簡単な文章だったりします。

なぜ簡単な文章を聞き取ることができないのか?
それは文章が音になったときに起こる、「リンキング」という音の変化があるからです。
フランス語ではリエゾンと呼ばれ、音と音が合わさって別の音に変化する現象です。

このリンキングには法則があります。
この記事ではリンキングの法則とその他の知っておくべき音の変化について解説します。
リスニング力をアップさせたいのであれば、ぜひ一度読んで下さい。

リンキングの法則は3つ

文章になると単語の終わりと単語の始まりの音が1つになって発音されます。
そのリンキングには法則があり、それは以下の3つです。

・子音+母音
・母音+母音
・子音+子音

母音、子音と表記していますが、綴り上のことではありません。
実際の発音で母音、子音ということですので注意して下さい。
例えば、myやhowなどは最後が綴り上は子音ですが、発音は母音です。
逆にhourは最初がhですが、発音は母音です。

それでは、それぞれ説明していきます。

子音+母音
リンキングで最も多いパターンです。
単語の最後の子音と、次の単語の最初の母音が1つになって発音されます。
例文を紹介します。

Check in.

「チェック・イン」と発音すると日本語英語になります。
「チェッキン」と発音するとネイティブに近づきます。
Checkのkとinのiが1つになって「キ」という音になるのです。

I need a break.

「アイ・ニード・ア・ブレイク」と1単語ずつ発音すると日本語英語になります。
「アイニーダブレイク」と1フレーズを一息で言うと、ネイティブに近づきます。
ここではneedのdと次のaが1つになって発音されています。

このように、子音と母音が1つになります。

母音+母音
単語の最後の母音と、次の単語の母音が1つになって発音されるパターンです。
単語の最後がa,e,iの音のときに、次の母音を発音するときにyの音が入ります。

My uncle.

「マイ・アンクル」と発音すると日本語英語になります。
「マィヤンクル」と発音するとネイティブに近づきます。

単語の最後がo,uの音のときに、次の母音を発音する時にwの音が入ります。

Do it.

「ドゥー・イット」と発音すると日本語英語になります。
「ドゥウィト」と発音するとネイティブに近づきます。

このように、母音と母音の音が1つになって音が変化します。

子音+子音
子音と子音が1つになった場合の変化は、複数のパターンに分かれています。
まず同じ子音が続いている場合は、発音が1回にまとまります。

Beautiful lady.

「ビューティフル・レディー」と発音すると日本語英語になります。
「ビューティフーレィディー」と発音するとネイティブに近づきます。

似ている子音が続く場合も、発音が1回にまとまります。

Hard times.

「ハード・タイムズ」と発音すると日本語英語になります。
「ハータイムズ」と発音するとネイティブに近づきます。

同じ音や似た音が続く場合は、片方が欠落します。

最後に、単語の最後の子音がt,d,s,zで、次の単語の最初がyの場合は音が変化します。

Nice to meet you.

「ナイス・トゥ・ミート・ユー」と発音すると日本語英語になります。
「ナイストゥミーチュー」と発音するとネイティブに近づきます。

What did you find?

「ワット・ディド・ユー・ファインド」と発音すると日本語英語になります。
「ワッディヂュファインド」と発音するとネイティブに近づきます。

Where is your house?

「ウェアー・イズ・ユア・ハウス」と発音すると日本語英語になります。
「ウェァジュァハウス」と発音するとネイティブに近づきます。

リンキングはこれら3つの法則によって発音が変化します。
実はリンキングの他にも、英語のリスニングを難しくする発音の変化があります。
それは、「リダクション」と「フラッピング」の2つです。

発音の変化【リダクション】

リダクションとは、音が欠落したり、音が非常に弱くなる変化のことです。
多くのパターンがありますが、基本的には単語の最後の音がなくなります。
例えば、以下のようなものです。

~ing

workingやtakingなどのingの最後のgはきちんと発音しません。
ほぼ聞き取ることができないくらいまで音が弱くなります。

That

最後のtが弱くなるパターンです。
カタカナで書くと「ザッ」という感じになります。
ただし、thatは後に続く単語によってはtと後の母音(子音)と1つになって発音されます。

Good job

「グッジョーブ」という発音を聞いたことがある人は多いと思います。
Goodのdがなくなるというパターンです。

こうした単語の最後の音が欠落するパターン以外にも、たくさんのリダクションがあります。

I have to work today.

この場合は、have toのtoが弱くなり、「ハフタ」のような発音になります。

リンキングの部分で説明した、連続した同じ子音は欠落するというのもリダクションに含まれたりします。
Good dayやTake careなどは、「グッデイ」「テイケァ」と発音されます。

実は上記のもの以外にもリダクションは多くのパターンがあります。
そして、単語を強調したいときにはリダクションが起きません。
状況によって変化が起きたり起きなかったりするので、話者の考えや感情を意識して下さい。

発音の変化【フラッピング】

フラッピングはtの発音がrやrに近いdの発音に変化するものです。
フラッピングが発生する条件は以下の2つです。

・アクセントがtの直前
・母音の間にtがある

この条件に合う単語はtの音が変化します。

例えば、waterという単語です。
カタカナで書くと「ウォーター」ですが、これはイギリス英語に近いです。
アメリカ英語では「ワーラー(ワーダー)」という発音になります。
アメリカで「ウォーター」といっても通じないのは、このフラッピングのせいです。

他にも、better「ベラー(ベダー)」、letter「レラー(レダー)」のように変化します。
少し書きましたが、イギリス英語ではフラッピングがほぼありません。
きちんとtの音を発音するので、もしイギリス英語を学びたいのであれば、注意して下さい。

リスニングのトレーニング方法

英語は文字通りの発音をしません。
ネイティブの英語を聞き取るにはリンキング・リダクション・フラッピングの知識が必須です。
きちんと法則があるので、理解していれば英語の発音の変化を聞き分けることができます。
そうすればリスニングがどんどんできるようになります。

リスニングをトレーニングする方法は以下の3つです。

・ネイティブ発音の教材を買う
・ネイティブ講師のレッスンを受ける
・ニュースやドラマを見る

どの方法でも、とにかくネイティブの発音を聞くことが重要になります。
ただ聞きながすだけで良いわけではなく、発音の変化を意識して聞くことが大切です。
ネイティブの英語を聞くときに以下のことを取り入れて下さい。

・発音の変化があるところに集中する
・意味や綴りを考えず音に集中する
・ネイティブの発音をそのまま真似する
・通常の子音や母音も正しく発音する

ネイティブがどのような発音をしているのかをゆっくり聞き分けることが大事です。
聞き流さず、じっくりと聞いてどこでリンキング・リダクション・フラッピングが起きているか判断して下さい。

単語の意味などを考えていると脳がついていけず聞き取れないので、音だけに集中して下さい。
そのため、自分の英語力より易しい英文のほうが良いです。
難しすぎると単語の意味をイメージできず、音に集中できません。

そして、自分でも変化した音を真似することが重要になります。
発音の変化を理論的に理解することも大切ですが、それを自分で使うことも重要です。
聞き取った音を正しくそのまま発音する練習をして下さい。
そのときに、発音の変化を意識しすぎて、通常の子音や母音の発音がいい加減になりがちです。
発音の変化がない部分も正しく発音し、ゆっくりでも良いのでなめらかに発音しましょう。
無理にネイティブレベルの早口で言おうとすると、雑な発音になるので注意して下さい。

リンキングの法則まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、リンキングの法則と、その他の発音の変化について解説しました。

リンキングが起きる時には以下の3つの法則があります。

・子音+母音
・母音+母音
・子音+子音

そして、リダクション・フラッピングという発音の変化も紹介しました。
ネイティブのなめらかな英語はリンキング・リダクション・フラッピングという発音の変化が頻繁に起きます。
簡単な文章でも聞き取れないのは、これら発音の変化に慣れていないからです。

リスニングのトレーニングには、以下のことを取り入れて下さい。

・ネイティブ発音の教材を買う
・ネイティブ講師のレッスンを受ける
・ニュースやドラマを見る

トレーニングのときには、以下のことに注意して下さい。

・発音の変化があるところに集中する
・意味や綴りを考えず音に集中する
・ネイティブの発音をそのまま真似する
・通常の子音や母音も正しく発音する

ネイティブの発音をじっくり聞き、ゆっくりでも自分で発音して訓練して下さい。
そうすれば、ネイティブの英語を聞き取る能力が高まります。