nobu式トレーニングの効果に口コミを集めてみました。

その結果、nobu式トレーニングの効果はありそうだったので、実際に1ヶ月間使ってみました。

私が使った時の体験談と私が集めた口コミをまとめていますので、nobu式トレーニングの効果が気になる方は読んでみてください。

nobu式トレーニングの効果


英語を話せるようになりたいと思い、書店に立ち寄ったことありますよね?

数ある英語にまつわる本の中にあるのが『nobu式トレーニング』です。

今回はこの本について取り上げていきます。

まず始めに『nobu式トレーニング』の簡単な説明をします。

nobu式トレーニングは、基礎編と実践編の二冊が出版されています。

基礎編は、中学で使う文法のみでネイティヴのような会話ができるという優れものです。

また、実践編はQ&A形式で質問に答える能力を身につけ、実践的な英語力を身につけることをコンセプトとしています。

それでは、nobu式トレーニングの内容と効果について話していきます。

英語を話すにあたり、まず初めに重要となる事はなんでしょうか。

皆さん、答えが思いつきますか?

ズバリ、答えはインプットです。

何の知識も無しに英語を話す事は、まず無理です。

そのため、nobu式トレーニングでは瞬間的英作文のトレーニングに入る前にインプットの説明がされています。

ポイントとなるのは、通常の文法書とは異なってnobu式トレーニングでは、語順を意識した説明がされている事です。

このような覚え方をする事で、実際に会話をする際に意識するポイントが明確になるのです。

nobu式トレーニングの2つ目の特徴は、例文が自然で実用性も高い事です。

英文の日本語訳には直訳と意訳の二種類がありますが、どちらかに偏っていては良い例文とは言えません。

この本の例文は、そのバランスが絶妙です。

実際の会話の流れに沿って構成される、実践的な英語は非常に魅力的です。

また、通常の文法書とnobu式トレーニングでは難易度の上がり方も異なります。

nobu式トレーニングでは会話文の難易度に合わせてレベルが上がります。

文法よりも会話を重要視しているため、文法書ではあまり重要視されない場所や時間の観点も学ぶことができます。

実際に会話をしてみて場所や日時の伝え方がバラバラではカッコ悪いですよね。

以上がnobu式トレーニングのオススメポイントとその効果でした。

nobu式トレーニングの評判


nobu式トレーニングの評判について説明をしていきます。

こういった参考書やトレーニング本の評判はやはり、実際に買った方の声を聞くのがベストです。

ということで、まず初めにアマゾンのnobu式トレーニングのページに載っていた評判、評価の大まかなまとめです。

結論は、次の通りでした。

星5が75%
星4が18%
星1が7%

星5の割合が高いのは、安心材料ですね。

星1を付けた方のレビューには、CDの内容について書かれていました。

『nobu式トレーニングのデメリット』でも紹介しますが、この本のCDは中身がMP3となっています。

低評価をつけた人は、その部分が気に入らなかったみたいですね。

では、一方の高評価を付けた方のレビューはどうだったのか。

nobu式トレーニングで高評価を得た部分は、いくつかあるようです。

中でもインプットとアウトプットの双方がしっかりと揃っている点ことや、ベースが中学レベルの英語で構成されている点が多く挙げられていました。

他の書籍と異なる点が多いnobu式トレーニングですが、評判は高かったです。

オススメな使い方


nobu式トレーニングの実践編の具体的な使い方をお教えしていきたいと思います。

実践編は、正直な話難易度が上がります。

そのため、前提条件として中学レベルの文法は、理解していることが条件です。

実践編は、Q&A方式で主に回答側のトレーニングが豊富です。

ですが、少し難しいと思った場合、nobu先生の補足説明動画を確認しましょう。

実は、著者の先生自らが講義を行っている動画が無料で公開されています。

より理解を深めるために、利用しない手はありません。

また、nobu式トレーニングは、何周も繰り返してやっとできるようになる位が丁度良いと思われます。

ぜひ何周もしてみて下さい。塵も積もれば山となる、です。

少しずつの積み重ねがネイティブへの近道です。

今回は「nobu式トレーニングの実践編使い方」というタイトルですが、正直なところトレーニング本をどう利用するかは本人次第なのです。

付属のCDをうまく使って耳で覚える方法や、例文を手で書いて覚える方法もあります。

思考錯誤しながら自分に合った勉強法を身につけることが一番だと思います。

スピーキング力は付いたのか


nobu式トレーニングでインプットしたことを正しくアウトプットすることで、スピーキング力は付きました。

nobu式トレーニングでインプットしただけでは、スピーキング力は付かないです。

自宅で勉強をする際、私は必ず発音して勉強していました。

発音が正しいか確認するには、nobu先生の補足説明動画を確認しながらおこなっていました。

特に私が勉強していたのは、お風呂です。

お風呂はリラックスできるし、誰かに聞かれることもないので恥ずかしい気持ちはありません。

それに、音が反響するので発音が非常に聞きやすいです。

ですので、スピーキング力を磨きたい場合、私と同じようにお風呂で勉強することをオススメします。

nobu式トレーニングのメリット


nobu式トレーニングについてのメリットをご紹介したいと思います。

先ほど説明したように、基礎編と実践編の二部構成になっています。

基礎編は中学レベルの文法を用いるので、「中学レベルはへっちゃらよ」と思われる場合、実践編から挑戦しても良いと思います。

自分のレベルに合わせて選べることが、メリットの一つですね。

次にCDが付属している点です。

英語を学ぶときに音声を聞いていますか?

人間は、何かを学ぶ際に五感を多く使えば使うほど覚えやすいと言われています。

目で見て、耳で聞いて、手で書いて、口で話すという作業を繰り返すことで、インプットが効率的に行えます。

そのため、CDが付属していることは当たり前のようで大きなメリットです。

さらに言うと、基礎編の方は、英語と日本語の両方が音声データに入っているので、本を開くことが難しい状況でも学習を続けることが可能です。

また、nobu式トレーニングは、補足説明を行っている講義の動画を無料で見ることができます。

その講義は、nobu先生自身が行なっており、具体的かつ分かりやすいです。

トレーニングを行う前に見ると効率的にトレーニングが行えます。

そして何よりのメリットは、この二冊で英語を話せるようになったと言う人が多くいることです。

「多くの文法書を試してもうまく喋ることができない」と言う人は多くいます。

そんな中でこの二冊に取り組むだけで英語が話せるようになるのは、すごいことですよね?

以上がnobu式トレーニングのメリットとなります。

余談ですがnobu先生は、他にも多く書籍を出されていますが、どれも評価は高いです。

nobu式トレーニングのデメリット


nobu式トレーニングにも当然、デメリットがあるのでその部分を説明していきます。

まず初めにnobu式トレーニングに不足している部分。

それは、疑問文の練習が不足していることです。

nobu式トレーニングでは、対話形式を用いて、相手に応答を返す例文や練習がほとんどです。

そのため、自分から相手に問いかける疑問文の練習が他の書籍に比べて少ないです。

日本語と英語では疑問文の構成は、全く異なります。

日本語では通常の文の語尾を変えて疑問文にしますが、英語には疑問文という一括りに多くの文法が存在します。

What やwhy と言った疑問詞の後に名詞を続けるのか、動詞を続けるのか。

主語を聞いているのか、目的語を聞いているのか。

日本人が躓きやすい点が多く含まれているパートなので、他の参考書や文法書で不足部分を補うことをお勧めします。

次に内容以外の点についてです。

nobu式トレーニングには、CDが付いていますが、実は中身はMP3データとなっています。

その為、普通のCDプレーヤーではエラーとなってしまうみたいです。

説明文にはそのことが記載されていないので、買ってしまってから知った方も多いです。

わざわざ取り込みをする事を避けたい方は、web経由でデータを購入する手もありますので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

以上の二点がnobu式トレーニングのデメリットです。

購入される場合、これらのことを踏まえた上でご購入すると後悔はしないと思います。

瞬間英作文とNOBU式の違い


瞬間英作文とNOBU式どっちも評判の良い教材ですよね。

私もどちらを購入しようか迷いました。

お金と勉強する時間にゆとりがあるなら、両方を購入するのがベストです。

ですが、私はお金も時間にもゆとりがなかったので、NOBU式を購入しました。

その理由は次の通りです。

NOBU式の方が評判が良かった
NOBU式の方が実践的な例題が多そうだった

この2つです。

どちらも人気の教材です。

多くの方がamazonでレビューしてくれています。

それを参考にしたところ、NOBU式の方が評価が高かったです。

教材内容については、実際に本屋さんに出向いて、パラパラと内容を確認しました。

瞬間英作文には、文法を習うには良いのでしょうが、実際に会話として使うには堅い印象があったり、不自然な文章となってることが多かったです。

一方でNOBU式は実践的な会話となっていました。

評判も良く、実際の会話でも使えそうだったので、私はNOBU式にしました。

nobu式トレーニングのまとめ


nobu式トレーニングのまとめをしていきます。

特徴をまずは取り上げていきたいと思います。

1つ目。

nobu式トレーニングには、インプットとアウトプットの目的別に分けられたトレーニングが組まれています。

英語は、アウトプットが大事です。

数少ないアウトプット目的に作られていることは特徴の1つです。

次に2つ目。

Q&A方式で実践的な内容が豊富なこと。

英語を話したいと思う人は、よりネイティブに近い表現を身に付けるのが良いです。

この本では、中学生レベルの文法でネイティブに近い表現を学ぶことができます。

最後の3つ目。

nobu式トレーニングは文法よりも、感覚を重要視しているところです。

長々しく文法事項を説明して語順を理解するのではなく、簡略的な説明で体に馴染みやすいトレーニングが多いです。

以上が、特徴となります。

まとめましたが、何よりもオススメすべきポイントはきっと

「nobu式トレーニングで英語が話せるようになりました」

というレビューが多い事なのだと思います。

オススメポイントの沢山あるこのnobu式トレーニング、一度試してみてはいかがでしょう。