オンライン英会話で英語の勉強をしようと思っている人は、ネイティブ講師のみで学ぶべきか、日本人講師から学ぶべきか迷いませんか?

この記事では、オンライン英会話をネイティブのみで学ぶ時のメリットとデメリットをお教えします。
そして、ネイティブ講師だけのオンライン英会話塾を紹介します。

オンライン英会話塾選びで迷ったら、是非参考にしてください。

ネイティブ講師のみのメリット

オンライン英会話をネイティブ講師のみで学ぶメリットをお教えします。

例えば以下のようなメリットがあります。

・正しい発音で学べる
・日本人より語彙が豊富で新鮮
・外国人と会話する機会になる
・文化的な知識も学べる
・ネイティブのスピードを身につけられる

それぞれ説明していきます。

正しい発音で学べる
ネイティブ講師から学ぶと、英語の正しい発音で学ぶことができます。
なまった英語で会話することが癖になると、正しい発音で聞き取るのが難しくなります。
人間は、自分が発音できない音は聞き取ることができないのです。
正しい発音ができるようになると、聞き取ることもできるようになります。
正しい発音はスピーキングだけでなく、リスニングにも役立ちます。

日本人より語彙が豊富で新鮮
ネイティブ講師は日本人講師より語彙が豊富です。
子供の頃から自然と英語を話してきているので、語彙の蓄積量が段違いです。
日常で使われる言い回しから、ビジネス用の言い回しまで様々なイディオムを習得済みなのです。
しかも、英語圏の文化を熟知して、新しい言葉にふれる機会が多いのです。
ネイティブ講師の語彙は新鮮なもので、古くなってしまった言い回しをしません。

日本人講師の場合は、一度学ばなければ教えることができないので、どうしても言葉の鮮度が落ちます。
今まさに使われている単語や言い回しを学べるのが、ネイティブ講師のメリットです。

外国人と会話する機会になる
ネイティブ講師の場合は、レッスン自体が外国人と会話する機会になります。
日本人講師の場合は外国人と会話するには、自分で別の機会を作る必要があります。
せっかく英語を学んでも、外国人と話さずにいるのはもったいないですよね。
講師とのレッスンが、そのまま外国人と会話をするという経験になるのは貴重な時間です。

文化的な知識も学べる
英語圏の文化を知り尽くしているので、言葉以外の部分も学べます。
学校と生徒の関係、普段の家庭や友人との会話内容、ビジネスでの作法などなど。
日本とは違う文化をすぐに学ぶことができます。
しかも正確な内容で学ぶことができるのです。

ネイティブのスピードを身につけられる
ネイティブ講師の英語は、基本的に早口です。
ネイティブにとっては普通の速さでも、学習者にとっては聞き取るのが大変なことも多いです。
そのため、ネイティブ講師から自然な英語の速さを学べば、外国人との会話が理解しやすくなります。

これらのことがネイティブ講師のみで学ぶメリットと言えるでしょう。

ネイティブ講師のみのデメリット

ネイティブ講師のみで学ぶことにはデメリットもあります。
例えば以下のような5つのデメリットがあります。

・講師の質に差がある
・費用が高いことがある
・日本語が通じないことがある
・日本人向けの教え方ではないことがある
・日本文化を理解していないことがある

それぞれ説明していきます。

講師の質に差がある
オンライン英会話のネイティブ講師は、世界中に存在しています。
オンラインということもあり、通学する塾よりも簡単に講師になれます。

そのため、講師は必ずしも英語の文法を正しく理解し、教育の道を進んでいる人とは限りません。
英語圏で育ち、英語が喋れるというだけで講師をしているネイティブも存在します。
学問として英語を学んだり、教え方を身に着けていないので、質が低くなります。
そのような講師から学ぶと、なかなか英語が身につかないことがあります。

逆に非常に質が高く、講師にコーチングするレベルの人もいます。
人によって教え方の質に差がある、ということを理解して利用しなければなりません。

費用が高いことがある
ネイティブの講師から学ぶ場合は、費用が高くなりがちです。
オンライン英会話は、通学型の塾より安いイメージがあります。
ですが、結局英語を習得するまで利用していると、ほとんど変わらないこともあります。
スクールによって金額が違うので、よく調べて利用するようにして下さい。

日本語が通じない事が多い
ネイティブ講師は日本語が通じない人が多いです。
中には日本語を理解し通訳ができる人もいますが、あまり多くありません。
英語を英語で理解しなければならないので、文法の細かい部分を理解するのが難しいことがあります。
特に、英文法を正しく学んでいないネイティブ講師は、正しくわかりやすい説明ができません。
講師がよく理解できていないものを、生徒が英語だけで正しく理解できるでしょうか。
日本語で学んだほうが早いこともあります。

日本人向けの教え方ではないことがある
ネイティブ講師は当然海外育ちになります。
日本人に合わせた教え方ができないことがあります。
特に生徒が自主的に学ぶことを前提としている場合が多いです。
日本人は先生に言われて導かれてから動く、という人が多いです。
講師にリードして欲しい人は向いていないことがあります。

そして日本人ほど細かい部分を意識していない事が多いです。
小さいことが気になって先に進めないタイプの人には向いていないかもしれません。

日本文化を理解していないことがある
ネイティブ講師は海外育ちですから、日本の文化を理解していないことが多いです。
日本人の考え方や習慣というものがわからず、気持ちを理解してくれないことがあります。
日本人ほど相手の気持を察して空気を読む、ということがないので、ストレスになることがあります。

これらのことが、ネイティブ講師のみで学ぶデメリットになります。

ネイティブ講師のいるオンライン英会話塾

ネイティブ講師から学ぶことができるオススメのオンライン英会話塾を紹介します。
いずれも日本人のために作られており、日本語での対応も可能な塾です。

・EF English Live
・Eigox
・DMMオンライン英会話

それぞれ説明していきます。

EF English Live
オンライン英会話塾の中で最も多くのネイティブ講師が在籍しています。
その数2000人位上にもなります。
人数が多いからと言って質が低いわけではなく、むしろ質が高いと評価されています。
月額 7,900円で、英会話だけでなくライティング・リーディングも学べます。
ネイティブ講師から安く満遍なく英語を学ぶことができます。
ANAやNECといった大手企業が研修として導入し、数多くの受賞歴のあるサイトです。

Eigox
200人以上のネイティブ講師が在籍しており、他に日本人とフィリピン人講師がいます。
ネイティブ講師の中には日本語ができる人もおり、自分にあった講師を探せるので安心できます。
わからない所があれば日本人講師から学ぶこともできます。
マンツーマンレッスンで英語を学ぶので、時間の無駄がありません。
料金はポイント制となっており、1ポイント10円で購入します。
ネイティブ講師は100ポイントとなります。

DMMオンライン英会話
基本は日本人講師から学びますが、プラスネイティブプランに申し込むとネイティブ講師から学べます。
ネイティブ講師は200人以上在籍しています。
料金は最低でも月15,800円とやや高めになりますが、その分質が高いです。
オンライン英会話サービス評価満足度調査において、13部門で1位という快挙を打ち立てています。
DMMは日本の有名な企業ということで安心感もあり多くのメディアで取り上げられています。

無料でネイティブから学ぶ方法

海外ではランゲージエクスチェンジという方法で、ネイティブから言語を教えてもらう方法が一般的です。
これは言語交換というもので、お互いの母国語を教え合うという方法です。
例えば英語で日記を書いてネイティブに添削してもらい、こちらは日本語を教えてあげるというものです。

無料で使えるランゲージエクスチェンジアプリで、ネイティブから英語を教えてもらいましょう。
例えば以下のアプリが有名です。

・HelloTalk
・HiNative
・Tandem

いずれも世界中に利用者のいるアプリです。
現在日本語を学びたいと思っている外国人は多く、日本人は引っ張りだこです。

注意点としては、相手は英語教師ではないということ。
塾ではないので、教え方が悪いとしても文句は言えません。
そして、こちらも教える側だという意識を持つことです。
言語交換が大切なので、日本語を教えてあげて下さい。

ネイティブ講師のみで学ぶメリットとデメリットまとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、オンライン英会話をネイティブ講師のみで学ぶメリットとデメリットをお教えしました。

ネイティブ講師のメリットは以下です。

・正しい発音で学べる
・日本人より語彙が豊富で新鮮
・外国人と会話する機会になる
・文化的な知識も学べる
・ネイティブのスピードを身につけられる

そしてデメリットは以下です。

・講師の質に差がある
・費用が高いことがある
・日本語が通じないことがある
・日本人向けの教え方ではないことがある
・日本文化を理解していないことがある

オススメのオンライン英会話塾は以下です。

・EF English Live
・Eigox
・DMMオンライン英会話

そして以下のような無料でネイティブと会話できるアプリがあります。

・HelloTalk
・HiNative
・Tandem

今回の記事を参考にして、ネイティブから英語を学んでみて下さい。