英語長文の読解は大学受験だけでなく、英検やTOEICなどの試験にも重要なスキルです。
この記事では、marchレベルの英語長文を読むコツとオススメの勉強方法をお教えします。

これから受験に向けて勉強をする学生だけでなく、英語の試験を受けようと考えている社会人の人も参考にしていただければ幸いです。

marchレベルの英語長文が読めるようになれば、英語長文に対する恐怖心がなくなります。
長い文章をみてパニックになるようなことがなく、冷静に問題を解くことができます。

他にも新聞やネットニュースなどの英語長文を読むことにも役立ちます。

marchレベルの英語長文を読むコツ

短い文章であれば読むことができるのに、長文になると一気に読めなくなってしまう。
大学受験ではmarchレベルの英語長文を読めるようになることは、合格のために非常に役立ちます。
苦手だからといってそのままにしていると、点を落としてしまいます。

まずは、なぜ英語長文を読むことができなくなるのか、その理由をお教えします。

・わからない単語やフレーズを見つけると止まる
・すべて読んでも意味がわからない

いずれも長文を1文ごとにすべて精読していることで発生する問題です。
もちろん単語の意味や文法的な理解をじっくりする精読は大切です。
ですが、受験などで問題を解く時間を考えると、ゆっくり読むより早く読めるようになったほうが良いです。
じっくり読んでいると負担も多く、読み間違いや解答ミスなどが起きやすいです。

長文を読めなくなる2つの理由を解説します。

わからない単語やフレーズを見つけると止まる
これは長文を読んでいるときに必ず出てくる問題です。
知らない単語やフレーズがでてくると、その意味を考えて思考停止してしまいます。
これで時間をかけすぎたり、読むのを諦めてしまうのです。

この問題を解決するには、知らない単語やフレーズが出てきたら、無視してください。
英文を読むときに精読の癖がついていると、ついつい立ち止まって考えてしまいます。
長文を読むなら、一旦精読を忘れてしまうのがコツです。

英語長文にわからない部分が出てくるのはよくあることなので、いちいち止まっているといつまでも読むことができません。
一部分がわからなくてもいいので、そのまま読み進めて下さい。
他の文章から内容を予測することができますし、実は不必要な内容だったりします。
別の言い方で再び登場することもあります。

よくわからない部分だったな、という程度で片付けて、先に進む勇気を持って下さい。

すべて読んでも意味がわからない
とりあえず単語の意味やフレーズが理解できて読み切ることができたとしても、結局何をいいたいのか意味がわからないことがあります。
文章全体の意味がつかめないので、何が書かれている文章なのかがわからないのです。
これは、長文を1文ごとに理解することに集中してしまい、全体を通した内容の理解をしていないことで発生する問題です。

英語長文は段落に分かれているので、段落ごとに言いたいことを理解して下さい。
パラグラフリーディングと呼ばれる方法で、段落の内容をまとめながら、段落ごとに読む方法です。
段落のまとめを上から順番につなげていくと、文章全体の言いたいことになります。

つまり、英語長文を読むコツをまとめると以下になります。

・わからない単語やフレーズは飛ばす
・段落ごとに言いたいことをまとめる

これらのコツを踏まえて長文を読むと、読解スピードが上がります。

英語長文を音読すべし

英語長文の読解スピードをアップさせるには、音読すると良いです。
なぜ長文の音読が効果的なのかと言うと、以下の理由があります。

・英文を頭から順に理解できるようになる
・日本語に訳さず理解できるようになる
・単語の意味がイメージしやすくなる

それぞれ説明します。

英文を頭から順に理解できるようになる
英語長文を音読する勉強方法によって、英語を最初の部分から理解する癖がつきます。
英語は日本語に訳すときに、最後から訳すと理解しやすいと言われます。
日本語と英語の文法の違いによって、最後から訳す方法が楽なのです。
しかし、この方法では長文を読むときに非常に時間がかかります。
英語を音読することで、ネイティブと同様に前から理解して読む事ができるようになります。
声に出した順番で、英語を理解する癖がつくからです。

日本語に訳さず理解できるようになる
音読することで、英文を読むときに日本語に訳す癖がなくなります。
英文を読むのが遅かったり、長文が苦手な原因の一つに、日本語に訳してしまうということがあります。
訳すことが必ずしも悪いわけではないのですが、長文をいちいち日本語にしていると時間がかかります。
音読して音のリズムで英文を理解できるようなると、日本語に訳さずスムーズに読めるようになります。

単語の意味がイメージしやすくなる
長文を音読すると、内容をイメージしやすくなります。
そして、音と意味のイメージが結びつき、記憶に残りやすいので覚えるスピードが上がります。
内容をイメージできることで、知らない単語が出てきたとしても予測しやすいです。

こうしたことから、英語長文の勉強をするときは文法の理解をする精読だけでなく、音読もしてみましょう。
発音が鍛えられることで、スピーキングやリスニングにも役立ちます。

長文読解にオススメの参考書

英語の長文を学ぶときに使うオススメの参考書を紹介します。
marchレベルの英語長文となると、受験用の参考書が良いでしょう。
条件としては、音声CDがついていることです。
自分で発音を真似して音読するときに役立ちます。

「大学入試英語長文ハイパートレーニングシリーズ」
予備校の東進ハイスクールの安河内先生が書いている長文参考書です。
超基礎編、センターレベル編、難関編と3つの種類があり、難関編がmarch以上の大学入試用になります。
非常に解説が丁寧で、英語長文の勉強を始める人はまずこのシリーズを試してみると良いと思います。
あらかじめ英文にSVOCの表記やスラッシュでの区分けなどがされています。
読解しやすく、読むスピードを高めるための工夫がされています。
CDもついているので音読の訓練もできます。

「英語長文レベル別問題集シリーズ」
こちらも東進ハイスクールの安河内先生の参考書です。
問題集のレベルが1~6まであり、5以降がmarchレベルになります。
解説はややシンプルなので、ある程度英文を読む能力が必要です。
基本的な文法知識がある人のほうが向いていると思います。
CD付きなので音読の勉強もできます。

「キムタツ式英語長文速読特訓ゼミシリーズ」
こちらは灘高校の英語教師をしている木村先生の参考書です。
英語長文を速読する訓練ができる参考書です。
基礎レベル、センターレベル、難関レベルの3種類があります。
CD付きで、音読とパラグラフリーディングをしながら英語長文を読む能力をつけていきます。
文法的な解説はそれほどないので、英文の意味を理解できる程度の文法力が必要です。

長文読解にオススメのアプリ

英語長文を読むためのアプリも存在します。
参考書を読んだり、小説を読むのも良いですが、スマホであれば手軽に長文を読むことができます。

「POLYGLOTS」
英語長文のアプリといえば、まずこのPOLYGLOTSでしょう。
映画や音楽、ビジネスをはじめ、様々なジャンルの最新ニュースを読むことができます。
わからない単語をタップすると意味を表示してくれます。
読むスピードを管理しており、自分がどのくらいの速さで英文を読めているのかを把握することができます。
受験用の参考書のような硬い文章ではなく、自然な文章を読むことができます。
ただのニュースアプリではなく、英語学習用のアプリなのでオススメです。

「ざっくり英語ニュースStudyNow」
音声つきで様々なジャンルのニュースを読むことができるアプリです。
POLYGLOTSよりも記事が短く、日本語訳と解説があります。
自分の興味のあるジャンルに絞って英文を読むことで、効率よく長文に慣れることができます。
リスニングの効果もあり、シャドーイングなどの発音練習も可能です。

marchレベル英語長文を読むコツまとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、marchレベルの英語長文を読むコツと、オススメ参考書・アプリを紹介しました。

英語長文を読むコツは以下の2つです。

・わからない単語やフレーズは飛ばす
・段落ごとに言いたいことをまとめる

なるべく音読もしてみましょう。
音読をすることで以下の効果があります。

・英文を頭から順に理解できるようになる
・日本語に訳さず理解できるようになる
・単語の意味がイメージしやすくなる

英語長文のおすすめ参考書は以下の3つです。

・大学入試英語長文ハイパートレーニングシリーズ
・英語長文レベル別問題集シリーズ
・キムタツ式英語長文速読特訓ゼミシリーズ

英語長文のおすすめアプリは以下の2つです。

・POLYGLOTS
・ざっくり英語ニュースStudyNow

英語長文を読めるようになると、受験で点を落とす事がなくなり高得点に繋がります。
TOEICなどでも非常に重要なスキルです。
今回紹介した長文を読むコツを取り入れて、スキルアップを目指して下さい。