ハイネイティブトレックというアプリをご存知でしょうか?
ハイネイティブという英語添削アプリの上位版とも言えるものです。
今回は、このハイネイティブトレックが英語学習初心者でも利用できるものなのかを解説します。

効果的なアプリであれば、初心者でも利用して英語力を伸ばしたいところです。
しかし、初心者には難しすぎるのでは使いこなすことができません。

ハイネイティブトレック利用者の評判を調べ、初心者でも利用できるのかをお教えします。

ハイネイティブトレックの評判

ハイネイティブトレックがネット上でどのような評判なのか、体験談を調べてみました。

体験談1
1ヶ月間利用してみました。
フィードバックが非常に良く、無駄な部分が全くありません。
ただし、内容は難しく英語中級者以上の人でないと無理かもしれません。
すでにビジネスで英語を使うレベルの人が利用すると良いと思います。

体験談2
課題が毎日ありますが、文章はそれほど多くないので負担は少ないです。
英作文や英会話の課題になっており、アウトプットをする機会が少ない人にオススメです。
数分で終わる程度なので、時間がなくて課題が溜まってしまってもまとめてできる量です。
先生はネイティブなので、かなり詳しい添削をしてくれます。
ただし、添削してくれるコメントは全て英語です。
英語を使って英語を学べるレベルでないと、せっかく詳しく教えてくれても理解できません。
英語の勉強を始めたばかりの人には難しいと思います。

体験談3
課題の添削が的確で、かなり細かい文法上のミスや、正確な言い回し、発音のアドバイスを個人に合わせて送ってきます。
ただの英語学習アプリだと思うとびっくりするレベルです。
こちらからいつでも質問ができますが、日本語での質問は受け付けていません。
わからないところを英語で質問する必要があります。
日本語のサポートが必要な人は厳しいでしょう。

体験談4
課題の量が少ないように思います。
毎日しっかり勉強したいので、自分で別の教材を使うなどしなければなりません。
問題とフィードバックの質が高いのですが、がっつり派には物足りません。
量が少ないので続けやすいというメリットはあるかもしれませんが。

体験談5
課題はビジネス英語ばかりです。
日常会話を学びたいなら他の英会話スクールなどに通ったほうが良いです。
あと結構料金が高いです。
毎月1万円かかるので、お金を出せない人は厳しいです。
それだけの価値はあると思いますが・・・。

ハイネイティブトレックはビジネスレベル

ネット上での体験談で、ハイネイティブトレックの評判を調べてみた結果、以下のことがわかりました。

・課題は数分で終わる
・ビジネス英語を使う
・日常会話は学べない
・フィードバックが全て英語
・質問は英語でしなければならない
・月1万円かかる

料金については後ほど説明するとして、ハイネイティブトレックの内容についてお教えします。

課題は数分で終わるものの、ビジネスレベルの英語が基本なので、ある程度の英語力が必要です。
しかもフィードバックが全て英語なのと、質問も全て英語でしなければなりません。
英語を学び始めたばかりの初心者の人にはかなりハードルが高いです。

初心者の人は、ハイネイティブトレックではなく、文法を学ぶことのできる教材をオススメします。
アプリであれば以下のものです。

・スタディサプリ
・duoLingo
・Learn English 英文法

他にも本の教材があり、一億人の英文法や、キク英文法などがおすすめです。

単語はその都度、辞書で調べればなんとかなりますが、英文法は覚える範囲も狭くあらかじめ理解しておくほうが効率的です。

ハイネイティブトレックの公式サイトには、対象レベルについて記載されています。

「辞書等の助けを借りて、TechCrunch等の英語記事を読むことはできるが、 いざカンファレンス等で英語を話そうとすると、言いたいことが出てこないような方が対象です。」

上記のように書かれているので、アウトプットがうまくいかないという人向けになっています。

また、試験対策も向いていないというのがハイネイティブトレックの特徴です。
英検やTOEIC、TOEFLなどの試験対策は教えてくれないので、英会話スクールで専用のレッスンを受けるか、教材が必要です。

ビジネスで英語が必要な人にはピッタリだと思います。
ビジネス英語の課題とフィードバック、そして質問を積極的に行えば、仕事で困ることは少なくなっていくでしょう。

ハイネイティブトレックの使い方

ハイネイティブトレックは英語を学び始めたばかりの初心者の人には向いていません。
基礎的な英文法が理解できるようになってから、ハイネイティブトレックを利用すると効果的だと思います。

ビジネスレベルの英語ができる人や、ビジネスレベルの英語を学びたい人はハイネイティブトレックが向いています。
普通のハイネイティブや他の教材とは違い、サポートがしっかりしています。
課題のフィードバックは全て英語ですが、文法や発音のアドバイスを細かくしてくれます。

質問も英語でなければ受け付けてくれませんが、積極的に利用すると効果的です。
仕事で必要なことや、理解できない部分をどんどん質問するべきです。
サポートがしっかりしていることがハイネイティブトレックのメリットなので、徹底的に使うつもりで利用しましょう。

実際に自分で発音して添削してもらうこともあります。
英会話スクールと同様のアドバイスをしてもらうことができ、さらに先生はネイティブなので信頼性が高いです。
気軽に発音のチェックをしてもらえるので、普通の英会話スクールに通うよりは利用しやすいです。
正しいネイティブの発音も送られてくるので、真似しながら復習ができます。
フィードバックを確認しつつ、正しい発音でたくさん復習しましょう。

ちなみに、日々の課題は1週間の内で難易度が上がるようになっています。
月曜日が最も易しく、金曜日が最も難しくなります。
月曜日は仕事で忙しいことや、精神的に疲れてしまうことが多いです。
なるべく簡単に済ませることができるようになっているので、モチベーションが維持しやすいです。
長期間継続しやすく、挫折しにくいシステムになっています。

ただし、ハイネイティブトレックだけでアウトプットが完璧とは言えません。
課題の量が少ないので、なるべく自分で他の教材を使ったり英会話スクールに通うなどすると良いでしょう。
ハイネイティブトレックはあくまでも、アウトプットのきっかけなのです。

ハイネイティブトレックの料金

では、ハイネイティブトレックの料金について解説します。
ハイネイティブトレックでは以下の2つのプランがあります。

・年額プラン:98,000円
・月額プラン:9,800円

年額プランだと1ヶ月あたり8,167円になりますので、月額プランで12ヶ月続けるより約2ヶ月分安くなる計算です。
それでも1ヶ月に1万円程度の費用が必要になるので、お金に余裕がない人は継続するのが難しいかもしれません。
ネイティブのサポートや濃いフィードバックにはそれなりのお金が必要ということです。

もし無料でネイティブとやりとりしたいのであれば、ハイネイティブを利用すると良いでしょう。
ハイネイティブトレックほどの課題やサポートがありませんが、ネイティブに対して質問ができるアプリです。

英語だけでなく、フランス語やスペイン語、中国語といった様々な外国語に関する質問が可能です。
内容はビジネスに関するもの以外でもOKなので、日常会話についての質問もできます。
自分の考えている英文が正しいか、ネイティブに聞いてみたい人は利用すると良いですよ。

ハイネイティブトレックのクーポン

ハイネイティブトレックは1ヶ月に1万円近くの出費が必要になります。
なるべく安く済ませるには、クーポンや割引キャンペーンを利用したいところです。
ハイネイティブトレックにクーポンはあるのでしょうか。

ネットで検索してみた結果、クーポンや割引に関する情報はありませんでした。
残念ですが、公式サイトに書かれている金額をそのまま支払う必要があります。

ハイネイティブトレックは課題が少ないので、長期間続けることが大切です。
そのため、月額プランではなく年額プランで利用することをおすすめします。
年額プランであれば約2ヶ月分は安くなりますので、結果的にお得です。

ハイネイティブトレックの評判まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、ハイネイティブトレックの評判をまとめ、初心者でも利用できるのかを調査しました。

ハイネイティブトレックの特徴は以下です。

・課題は数分で終わる
・ビジネス英語を使う
・日常会話は学べない
・フィードバックが全て英語
・質問は英語でしなければならない
・月1万円かかる

残念ながらハイネイティブトレックは初心者向きではありません。
ビジネスレベルの英語を学ぶので、少なくとも文法をしっかり勉強してきた人向けです。
ネイティブが添削とサポートをしてくれますが、全て英語です。
質問するときも英語でなければなりません。

本当に初心者で文法もわからないのであれば、以下のアプリや教材を使って下さい。

・スタディサプリ
・duoLingo
・Learn English 英文法
・一億人の英文法
・キク英文法

ハイネイティブトレックの料金は以下です。

・年額プラン:98,000円
・月額プラン:9,800円

ハイネイティブトレックは長期間続けることが大切なので、安く済ませるなら年額プランがおすすめです。

1ヶ月で1万円近く出費するのは厳しい人もいると思いますが、アウトプットの機会が無く練習できない人は利用をすると良いでしょう。