オンライン英会話では、多くのフィリピン人が講師として在籍しています。

この記事では、フィリピン人の英語に訛りがないのかを解説します。
なぜフィリピン人が多く英語講師をしているか、そしてネイティブとフィリピン人講師の違いを説明します。

オンライン英会話で英語を学びたい人は、是非参考にしてください。
ネイティブ講師から学ぶべきなのか、それともフィリピン人講師でも問題ないのかがわかります。

フィリピン人に訛りはあるのか

オンライン英会話にはフィリピン人講師が多いです。
フィリピン人英語に訛りがあるのか、不安に思う学習者は多いでしょう。

結論から言いますと、フィリピン人の英語に訛りは「あります」。

非常に高い英語力をもっているフィリピン人ですが、ノンネイティブに変わりはありません。
そのため、母国語であるタガログ語やセブアノ語などのフィリピンで使われる現地語の影響があります。

例えば、Zの発音がSの発音になることが多いです。
また、Rの発音が巻き舌になる特徴がある人もいます。

こうした訛りのある講師はたまにいますが、全てではありません。
基本的に日本人より英語力が高く、まったく訛りのないレベルの講師も多くいます。

フィリピンのタクシーや、店員さんはよく訛っています。
これはハイレベルな英語教育を受けてきたかどうかが関わっています。
英語講師になるために大学で英語を学んでいる人は、ほとんど訛りを感じないことが多いです。

外国で講師になれるレベルの教育を受けてきた講師であれば、気にしなくて大丈夫です。

なぜ英語講師にフィリピン人が多いのか

そもそもどうしてフィリピン人の英語講師が多いのでしょうか。
それはフィリピンの歴史が関係しています。

フィリピンはまず1500年代にスペインが植民地として制圧しました。
300年近くスペインの植民地として支配されました。
その後、一度独立国家となりましたが、今度はアメリカがスペインから買い取り植民地としました。
それから日本軍がフィリピンを制圧するまで数十年アメリカが支配しました。
日本の支配下に置かれたフィリピンは、再度アメリカが奪還しました。
日本が戦争に負けた後、フィリピンは独立することとなりました。

フィリピンにはこうした歴史があるので、古くはスペイン語、現代では英語が必要でした。
ただ英語教育に力を入れているから英語が得意なわけではなく、生活するために必要な言語だったのです。

フィリピンは小さな島がたくさんあり、それぞれの島で使われる言葉が違いました。
そのため、フィリピンの共通言語としてタガログ語を元にしたフィリピン語ができました。
このタガログ語はスペインの植民地だった影響から、スペイン語の影響を受けており、共通の単語や発音が存在します。

独立後、フィリピン語と英語を公用語とすることになりました。
それから小学校から高校まで英語で授業を行うようになりました。
これにより世界3位の英語人口となりました。
大学で専門的な分野でも英語を用いたり、英語教育の習得を目指す人たちは、ハイレベルで自然な英語を身につけています。

また、フィリピン語はタガログ語が元ですが、実はセブアノ語話者の方が人口が多いです。
フィリピン語への反発によってセブ地域では英語のほうが使われているという点も、英語が一般的な理由です。

ここまで紹介したとおり、スペインとアメリカの影響を受けつつフィリピン語と英語を使う文化があります。
そのためフィリピン人の英語はアメリカ英語に近く、しかも一般的に使われているのです。

ネイティブ講師とフィリピン人講師の違い

フィリピン人の英語はアメリカ英語に近く、きちんと大学で教育を受けた人はかなり発音がきれいです。
日本人からは違いがわからないくらいの人もいます。

ですが、全く違いがないわけではありません。
フィリピン人講師の英語は、ネイティブ講師よりもゆっくりしゃべる傾向にあります。

また、スラングを使わない人が多いです。
丁寧な英語をしゃべることが多いので、汚い英語を使わないです。
基本的な英語を使うので、非常にわかりやすく、伝わりやすい英語になっています。

フィリピン人はあくまでノンネイティブですので、日本人と同様に英語学習者です。
日本よりも英語を使う機会があるためかなり習得が早いですが、同じように勉強しています。
そのため、ネイティブ講師には理解できない英語学習の悩みも理解してくれます。
逆にネイティブ講師はネイティブというだけで講師になっている人がいます。
英語教育を学んできたとは限らないので注意が必要です。

また、フィリピン人は同じアジア人ということでかなり接しやすいです。
欧米人と比較すると距離感が近く、仲良くなりやすいです。

ネイティブ講師とフィリピン人講師の特徴をまとめると以下のようになります。

ネイティブ講師
・自然なスピードの英語が身につく
・スラングや母国語らしい言い回しが身につく
・欧米人に慣れることができる
・英語教育を学んでいないことがある

フィリピン人講師
・ゆっくりで丁寧なので初学者向き
・英語学習者の悩みが理解できる
・同じアジア人なので距離感が近い
・スラングのない伝わる英語が身につく

ネイティブ講師とフィリピン人講師はどちらもメリットがあります。
自分に合う講師なのはどちらなのかを考えて、講師を選びましょう。
さらに講師によっても質が違うので、個々の特徴を見極めることも大切です。

英語に訛りがあるのは当然のこと

日本人は完璧主義なところがあるので、訛りのある英語を学びたくないと考える人は多いです。
日本語訛りの英語をバカにしている人もたくさんいます。

ですが、実は英語に訛りがあるのは当然のことなのです。

日本人がイメージする英語はアメリカ英語であることが多いです。
アメリカ英語を映画やドラマなどで聞く機会が多いからです。

しかし、英語は世界各国で話されており、様々な特徴があります。
アメリカ英語とイギリス英語は発音が違い、単語の綴りも違うことがあります。
他にもオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランドなどなどたくさんの違いがあります。
英語圏といえども、標準語といえるような英語を使っているのではなく、地域ごとの訛りや特徴があります。

日本語に関東弁や関西弁、青森弁、沖縄弁があるようなものです。
関西弁の人に「日本語が下手だ」なんて言うことはありませんよね。

英語は地域によって特徴があり、さらに母国語の影響を受けて変化します。
母国語の影響を受けるのは日本に限った話ではありません。
フィリピンにももちろん特徴はありますし、インド、中国、ロシア、スペインなどそうです。

そうしたノンネイティブの国のなかでもフィリピンは他の国よりクリアな英語を使います。
そのため、聞き取りやすく勉強に向いています。
様々な英語が存在する中で、フィリピンの英語はノンネイティブにとって役立つ存在なのです。

訛りのある英語を学びたくない理由としては、自分の発音への影響が心配というのもあるでしょう。
ですが、安心して下さい。
英語は母国語の影響を受けるため、日本人にフィリピン語訛りの英語がうつることは極めて稀です。
どうしても日本語の影響が出てしまうからです。

フィリピン語の訛りがでるほど英語を学んでいれば、その英語力は本物です。
自然と講師の特徴を真似することができるようになっているからです。
むしろ自信を持って良いことです。
その後アメリカ英語やイギリス英語の発音を目指せばOKです。

フィリピン人の英語に訛りはあるかまとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、フィリピン人の英語に訛りがあるのかを解説しました。

フィリピンは基本的にアメリカ英語ですが、フィリピン語の影響のある英語を使います。
しかし、歴史的に英語を使ってきているので、かなりクリアな英語を使います。

ネイティブ講師とフィリピン人講師の特徴は以下です。

ネイティブ講師
・自然なスピードの英語が身につく
・スラングや母国語らしい言い回しが身につく
・欧米人に慣れることができる
・英語教育を学んでいないことがある

フィリピン人講師
・ゆっくりで丁寧なので初学者向き
・英語学習者の悩みが理解できる
・同じアジア人なので距離感が近い
・スラングのない伝わる英語が身につく

これらの特徴をふまえて、自分に合った講師を探して下さい。

英語は世界各国で使われていますが、ネイティブでも各国の特徴のある英語を使っています。
ノンネイティブの国では母国語の影響を受けた英語を使っています。
訛りがあるのは自然なことなので、恥ずかしがらずに英語を使って下さい。