e-ラーニングは、受講者の好きなタイミングでPCでもスマート端末でも受講することが可能な学習システムなので、毎日少しずつ学習することができるのが大きなポイントです。

英語力をアップさせることに重要となることは、少しの時間でも英語を聞き、英語に慣れることとされています。

学習することにおいて、受動的な学習で記憶に残るのはほんの10%と実証されています。
自分がアクションを起こすこと、自分が教える立場になることで、学習成果は90%の高まるとされています。
e-ラーニングは、自分が学習したいと思ったときに受講することのできるシステムです。

準備は大変となりますが、一度導入することで、自分の理解度の確認も手軽にできるようになりますし、無料で使えるe-ラーニングシステムも多くあるので、学習するきっかけ作りにもなり、英語力アップに働きかけることができます。

e-ラーニングのメリット・デメリットとは

e-ラーニングとは、インターネットを利用した学習形態であり、集合研修の運用を効率化する目的で2000年頃から普及されはじめたシステムです。

e-ラーニングのメリットは、大勢の受講者に教育を届けることができることです。
集合研修の場合、1人の講師が教育をカバーできるのは40人から50人とされています。
1000人が入社する会社として、研修を行うとしたら、20回かそれ以上、同じ研修を行う必要があります。

e-ラーニングは配信形式の学習システムなので、時と場所を選ばず、同じ教材を数千人・数万人の受講者に配信することができます。
また、同じ教材での学習となりますので、講師の質に左右されることなく学習することができます。

デメリットとしては、受講者同士の交流が減る事です。
集合研修では、同じ学習をするもの同士、分からないことを話しあったり、意見を交換し合ったりと情報について意見を交わすことができたり、社員の方でしたら集合研修を通して、同期の仲間意識や組織のネットワーク作りができますが、e-ラーニングに置き換えることで交流の機会の損失となります。

また、基本的に単独学習のため、不明点や疑問があっても、その場で質問して解決することができません。

無料で使えるe-ラーニングシステムのおすすめ

ここでは3種類のおすすめ無料e-ラーニングシステムをご紹介いたします。
1.エムスタ
利用人数は50人と縛りがありますが、PCでもスマート端末でも使用可能なクラウド型のサービスで、利用者側も便利に学習を進めることができます。個人としての利用よりは、小規模企業の店舗マナー研修や、新入社員の研修に使いやすいシステムです。

2.クイズジェネレーター
クイズジェネレーターはクイズが無料で作成できるシステムとなっており、自分の学習理解度を試すための学習システムとして、使用出来ます。問題の形式も○×クイズだけでなく穴埋めや組み合わせ・並べ替えや記述といった様々な問題形式を作成可能なので、実際の出題方式に合わせて作成したりと、資格試験等の対策におすすめのシステムです。

3.SmartBrain
利用人数の縛りは20人となっていますが、スマート端末での使用が可能なことに加え、英語・中国語・韓国語と多言語への対応が可能です。ビデオ配信ができるので、研修の様子を録画して教材として活用することができるシステムです。

無料システムということで人数の縛りやサービスの制限があったりはしますが、無料e-ラーニングでも英語力をアップできる学習教材は豊富にありますので、自分にあった学習方法で、スキルアップが可能です。

e-ラーニングで勉強するとtoeic(トイック)の点数はアップするのか

e-ラーニングの積極的活用はtoeicの点数アップにつながります。
PCやスマート端末でも学習可能なe-ラーニングは、すきま時間を利用して学習を続けることができますので、英語に慣れる力も付き、スキルアップにつながります。

toeic(トイック)とは、国際コミュニケーション英語能力テストのことで、英語を母語としない人を対象とした英語によるリスニングとリーディングのコミュニケーション能力を検定する試験です。

様々な種類のあるtoeicで一般的な問題形式を紹介しますと、問題数は200問(リスニング・リーディング各100問)制限時間は2時間(リスニング45分リーディング75分)マークシート形式で、結果は990点満点(リスニング・リーディング各495点満点)

試験は、全国80都市で1年に10回実施されます。

toeicは合格・不合格ではなく、セクション別のスコアとトータルスコアで結果がでます。平均点はリスニングが310点前後、リーディングが260点前後、トータルが570点前後となってます。

e-ラーニングの学習システムは、自分の目標スコアによってコースが設定されている教材も多くあります。

一例としては、470点獲得を目指すコース・650点獲得を目指すコース・730点獲得を目指すコース・完全達成を目指すコースがあります。

学習しようとしても、研修等の環境では読んだことの10%聞いたことの20%程しか記憶には残らないとされています。

学習する者自らが、学習するアクションを起こす事で記憶に残る学習成果は90%に高まるそうです。

e-ラーニングシステムの1つであるディクテーションというアクション学習は読み上げられる英語を書き取る学習のことで、瞬時に英語に対応する力を身に付ける学習が可能なので、効果的に学習を進めることができます。

e-ラーニングの講座は標準学習時間が30時間となってますが、オンライン学習なので何度でも受講することができ、しっかりと理解できるまで学習することができるので、点数アップにつながります。
自分の目標スコアに合わせた学習ができるので、背伸びした学習にならず確実に英語力を身に付けることができます。

e-ラーニングでは、toeicで出題される会話のやり取りやニュースなどで使用される生活英語を学習英語を通して、学ぶことができます。

実際の試験を想定し5か国のナレーターを起用しているので、ハイスコアにつながるスキルが身に付きます。

トレーニングでは、出題形式とパターンに的を絞る演習でパート別の攻略方法をしっかり学ぶことができます。

e-ラーニングをスマホで学ぶ方法!

オススメの無料アプリはこれだ

e-ラーニングの困りごととしてあがるのは、している時間がない!!ということですが、スマホでe-ラーニングを受講できたら助かりますよね

e-ラーニングアプリさえ入っていれば、どこでも学習が可能です。

オススメの無料アプリは、龍野情報サービスが提供している“クイズジェネレーター”です。
PCでもスマート端末でも利用は可能で、クイズ問題形式の教育コンテンツを自分で作成することができます。
無料ユーザーはカスタマイズができないなどの制約はありますが、それ以外の機能は基本的に利用することができます。

クイズの問題文には、文字・画像・音声を配置することができ、クイズの結果は最後に表示されるので一目で理解度を確認することが
できます。

他にも、無料アプリとしては、“SmartBrain”というアプリがあります。
ユーザー数20名までと縛りがありますが、すべての機能を無料で利用できます。コンテンツは合計1GBまで利用可能です。

利用人数、配信問題数、アクセス数に制限のない無料アプリとしては“エムスタ”があります。学習に関して、進捗状況を管理者が
把握することができるので、企業や学校であれば、学習が遅れている人をフォローしてあげることができます。

e-ラーニングを無料で学べるオススメ動画はこれだ

e-ラーニングを無料で学べる動画は、YouTubeの動画がおすすめできます。

サンプル動画が豊富にあり、e-ラーニングにはどのような講座があり、どのような学習スタイルなのかは気になるますよね。

個人での学習においても、企業や学校での学習においても、システムを導入することになるとe-ラーニングのコースによっても金額は違いますし、個人での学習ではなるべく費用をかけたくのが本音です。

e-ラーニングは、時と場所を選ばずに学習環境を作れる手軽に続けられる学習スタイルですが、無料でe-ラーニングの動画を見られたら助かりますよね。

無料でさまざまなe-ラーニングを見られる方法として、おすすめなのはYouTubeの動画です。

英語学習としては、グロービッシュ式らくらく英語のe-ラーニングサンプル動画があり、本コースではない為、サンプルではありますが
グロービッシュ式の英語学習がどのように行われるのかを見ることができ、参考になります。

グロービッシュとは、1500語と基本文法に制限したシンプルな英語のことで、e-ラーニングで導入しているグロービッシュ式という英語学習は、非ネイティブのための英語学習システムで、e-ラーニングならではの五感を活用したカリキュラムが多く、繰り返し学習で英語に親しみを持ち、口に出す事に恐れを感じず、自然と口に出る英語力を身に付けることを重視しています。

YouTubeでは、このグロービッシュ式らくらく英語を見ることができるので、何回も繰り返し見ることで、英語に慣れ親しむ大切さを学ぶことができ、e-ラーニングでの学習が理解しやすいということを感じられる動画なので、サンプル動画を見て自分がどのような講座を学びたいのかを吟味する良い機会にもなります。

e-ラーニングを無料で受講する方法はこれだ

e-ラーニングの無料受講方法としておすすめできる方法は、ベネ・ステ フリーe-ラーニングです

ネット配信されるオンライン講座を、時と場所を選ばずに受講する事ができる、画期的な学習方法となっています。

講座内容としても、ビジネスで即活用できるものから、専門に特化した講座まで、多彩で豊富なカリキュラムがあり、自分の学びたい講座を無料で受講できます。

ベネ・ステ フリーe-ラーニングの大きなポイントは、講座数が豊富ということです。

フリーe-ラーニングで注意するポイントは、1つの会員IDにつき年間で選べる講座数は5つということです。
講座の受講期間はそれぞれで異なりますが、おおよそ1週間~6ヶ月程度となっています。
豊富な講座数の中から、5つしか選べないのは、苦渋の選択にもなりますが、e-ラーニングの中にはサンプル視聴できる講座もありますので、多くのサンプル動画で講座を吟味して、スキルを伸ばしたい講座を選択することができます。

講座の一例としては、Word・Excel・PowerPoint等のビジネスで使えるofficeシリーズで、講座によってバージョン別・レベル別等、目標に合わせた講座が用意されています。他にも、インターネットやメール等いまさら人に聞けないようなPCの知識を学べる講座もあります。

資格試験対策シリーズや語学シリーズの講座もあり、語学シリーズでは、日常会話から英語の雑談力のスキルアップを目指せる講座も多数あります。

自分のスキルアップに合わせた、講座が豊富にあり、年間5つという縛りはあるものの、テキストを眺める自己学習とは違い、e-ラーニングは図や音声を使用した丁寧なプログラムで学習することができるので、理解しやすく短期間の受講でも確実にスキルアップすることができます。

ベネ・ステ e-ラーニングは無料で学習環境を作ることができるシステムなので、これから始めようとしている人にはおすすめです。