Best Teacher(ベストティーチャー)の英検コースを受けて、無事英検1級に合格した体験談を紹介しようと思います。

体験談を紹介する前に、私の簡単なプロフィールを紹介しておくと、

・Best Teacher(ベストティーチャー)を学ぶ前の英語歴はほとんどゼロ。
・年齢は38歳、男、既婚、2人の子持ち。
・会社が海外への進出を狙っており、英検やTOEIC、TOEFLの合格が必須になったため仕方なく英語を勉強。
・仕事は事務職。

といったところです。
要は、会社に言われて仕方なく英語を勉強しないといけなくなってしまいました。

英検なら2級以上、TOEICなら550点以上、TOEFLなら500点以上という難題が突きつけられ、私は英検2級以上の合格を目指すことになりました。

なんで英検にしたのか?
それは、周りの会社の同僚が英検を受ける人が多く、便乗すればいろいろ教えてもらえると思ったからです。

とはいえ、それまで全然英語の勉強なんかしたことなかった私ですが、無事3ヶ月かけて英検の2級を取得することができました。

英語歴ゼロから始めて3ヶ月で英検2級を取得できたのはやっぱりBest Teacher(ベストティーチャー)で英検コースを受講したおかげだと思っています。

Best Teacher(ベストティーチャー)の英検コースがどんなものなのか、体験談を交えて詳しく紹介していこうと思います。

Best Teacher(ベストティーチャー)の英検対策コースの概要と料金

まず、Best Teacher(ベストティーチャー)には5つの英検対策コースが用意されています。
各コースと料金プランは以下の通りです。

・英検1級対策コース
値段:月額16,200円(税込み)

・英検準1級対策コース
値段:月額16,200円(税込み)

・英検2級対策コース
値段:月額16,200円(税込み)

・英検準2級対策コース
値段:月額16,200円(税込み)

・英検R3級対策コース
値段:月額16,200円(税込み)

すべてのコースでBest Teacher(ベストティーチャー)の通常コースのレッスンが受けられます。
それに加えて、旺文社が発行している英検試験対策書を元にレッスンが進められます。

英作文や面接対策、リスニングの強化など、各級の英検合格に必要なスキルがこれらのコースで学ぶことができます。

ただ、月額16,200円というのは結構高めです。
しかし、Best Teacher(ベストティーチャー)のスカイプレッスンではネイティブと話しができて、リスニング力、スピーキング力が鍛えられます。

講師も英語教育のエキスパートなので的確な指摘や、英検に必要なスキルをピンポイントで教えてくれます。

他のオンライン英会話の場合、フィリピン人の講師が多かったり、アルバイト感覚で講師をしている人も多いため、講師の質は落ちます。
それに引き換え、Best Teacher(ベストティーチャー)はネイティブのプロフェッショナルが教えてくれるので、16,000円に見合ったレッスン料だと思いました。

Best Teacher(ベストティーチャー)の英検2級コース体験談 ~受講するまでの過程~

会社の命令により、英検2級を目指すことになった私。
途方に暮れていると会社の同僚から、Best Teacher(ベストティーチャー)の英検コースがオススメとの情報をもらいました。

さっそくネットで調べてみると、Best Teacher(ベストティーチャー)の英検コースは級に応じて5つのコースが有り、それぞれ16,200円という結構高額なレッスン料がいることを知りました。

ちょっと高いかな、と思ったんですが、英会話スクールに通うような時間は無いですし、教材だけで1人で勉強しても根性がないので続かないと思いました。
自宅でできるのでオンライン英会話を探してみると、Best Teacher(ベストティーチャー)は英検対策で口コミの評価が高めでした。

いろいろ迷ってもしょうがないと思い、(というか勧めてくれた会社の同僚がBest Teacher(ベストティーチャー)で英検1級を合格していたので)Best Teacher(ベストティーチャー)に決めました。

Best Teacher(ベストティーチャー)の英検2級コース体験談 ~実際のレッスン内容~

ではここから、Best Teacher(ベストティーチャー)の英検2級対策コースの具体的なレッスン内容を紹介していきます。

Best Teacher(ベストティーチャー)の英検コースは主に、ライティングとスピーキングを重視しています。
具体的には以下の3つのステップにより、レッスンが進められます。

・ライティングレッスン
・リーディング&リスニングレッスン
・スカイプでのオンライン英会話レッスン

まず、ライティングによって言いたいことを英語にて作文を作ります。
それを元にリーディング&リスニングをして、スカイプで実際に講師と話しをする、という流れになります。

それぞれどんな内容か詳しく説明します。

ライティングレッスン

ライティングのトピックは自由ではありません。
あらかじめ用意されているトピックから選んでライティングします。

ただ、ライティングのトピックは1000以上あり、書きたい内容は必ず見つかると思います。

トピックを選んだら、英語で文章を作成します。
文章は100語以内で作るため、そこまで長い文章にはならないはずです。

その文章を入力し送信することで、講師から返信が帰ってきます。
この返信は文章の添削ではなく、あくまでも、自分で作った文章に対する講師の返信が帰ってくるだけです。

この講師からの返信に対して、さらに100語以内で返信します。
するとまた、講師から返信が帰ってきます。

分かりやすくいえば、友人とメールやチャット、ラインを英語でしている感覚です。
このやり取りを最大5回まで続けることができます。

リーディング&リスニングレッスン

ライティングのレッスンが終了すると、自分が作った文章が添削された英文のスクリプトと、録音された音声データが届きます。
英文のスクリプトはPDFでダウンロードすることもできるため、印刷して紙に出すことも可能です。

その英文スクリプトと音声データを使って自己学習を行います。
添削は非常に的確で、自分のわかってない部分を正すのに非常に役立ちました。

ただ、音声データは機械音声です。
そのため、英語独特の抑揚がいまいち伝わらない感じがしました。

この点はネイティブの講師が喋った生のデータがほしいところ。
Best Teacher(ベストティーチャー)の改善してほしい点です。

スカイプでのオンライン英会話レッスン

ライティング、リーディング&リスニングを終えると、スカイプ(無料通話アプリ)を使っての講師との生レッスンです。

オンライン英会話というと、フィリピン人やアジア圏の講師が多いですが、Best Teacher(ベストティーチャー)には世界各国の講師が集まっています。
講師は、アメリカ、カナダ、ハンガリー、フィリピン、南アフリカ、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナなどなど、世界中から講師が集まっています。

ネイティブスピーカーに講師をしてもらえるオンライン英会話って少ないので、Best Teacher(ベストティーチャー)は貴重な存在です。

このスカイプレッスンでは、ライティングで作った文章を元に、会話を進めていきます。
特定の決まったテーマがあるので、話しやすく、そして講師もコチラがわからない点を汲み取って話をしてくれるため、会話が途切れることなくレッスンを進めることができました。

やはり、講師の質は高いんじゃないかと思います。(他のオンライン英会話を受けたわけじゃないですが。)

Best Teacher(ベストティーチャー)の英検コース体験談のまとめ

先ほど紹介したレッスンをメインに、英検対策コースは進められます。
あとは、旺文社発行の英検対策書にて、自己学習の日々です。(

自己学習は正直しんどかったですね。
何度もやめようと思いましたが、スカイプレッスンを週に3回以上入れていたため、やめるにやめれない状況を作っていたのでなんとか継続して受験勉強できました。

おかげで3ヶ月の勉強で英検2級に合格することができました。
Best Teacher(ベストティーチャー)様様です。

もし、私と同じように英語の資格に困っている人は、Best Teacher(ベストティーチャー)を選んでみるのもありだと思います。